ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済防衛行政審議会が新たなカルテルの捜査開始=14年W杯の競技場建設で=ペトロブラスの建物も?

《ブラジル》経済防衛行政審議会が新たなカルテルの捜査開始=14年W杯の競技場建設で=ペトロブラスの建物も?

コパ・アメリカの決勝戦でも使われたマラカナン・スタジアム(ウィキペディア)

 経済防衛行政審議会(Cade)が17日、2014年のW杯にまつわる競技場建設やペトロブラスの施設建設で組まれたカルテルに関する捜査を始めた事を明らかにしたと同日付現地紙サイトが報じた。
 カルテルとは、複数の企業が連絡を取り合い、本来なら各企業が各自で決めるべき製品の価格や生産数量などを共同で取り決める行為だ。企業同士の利益を守るためのカルテルは、消費者の利益を損ない、経済の非効率化を招くため、国民経済の健全な発展を阻害する怖れがある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ