ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》4月のインフレは0・57%=「健康」「交通」「食費」の影響大きく

《ブラジル》4月のインフレは0・57%=「健康」「交通」「食費」の影響大きく

 ブラジル地理統計院(IBGE)は10日、4月の広範囲消費者物価指数(IPCA、政府公式のインフレ率)が前月比0・57%だったと発表した。
 この結果は3月の0・75%よりは低かったが、昨年4月の0・22%よりも高い。4月の値としては3年前の0・61%に次ぐ高さだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1月インフレ率は0.32%=政府目標の範囲内で推移2019年2月12日 《ブラジル》1月インフレ率は0.32%=政府目標の範囲内で推移  ブラジル地理統計院(IBGE)は8日、19年1月の広範囲消費者指数(IPCA・公式インフレ率)が0・32%だったと発表した。9日付現地各紙が報じている。  咋年2月から今年1月までの12カ月累積インフレ率は、3・78%となり、一カ月前の数値である3・78%からは0・ […]
  • リオ五輪施設ピンクに染まる=乳がん撲滅運動に参加2015年10月21日 リオ五輪施設ピンクに染まる=乳がん撲滅運動に参加  リオ市南部のバーラ・ダ・チジュッカに建設中のオリンピック・パークでは週末から、リオ五輪をおよそ10カ月後に控えるアリーナ・カリオカ1~3がピンク色に染まっている。 照明テストを兼ねたライトアップは、10月の1カ月間、世界的に展開されている「乳がん撲滅キャンペーン」の「ピンクリ […]
  • リオ五輪=放棄された施設の遺産化は?=有効利用に苦慮する政府=継続支援を訴える選手も2017年8月8日 リオ五輪=放棄された施設の遺産化は?=有効利用に苦慮する政府=継続支援を訴える選手も  世界を熱狂させたリオ五輪の開幕から1年。遺産としてリオに残るはずだった競技施設が有効活用されていない状況、また大会後にそれまでの経済的支援を打ち切られ、競技継続にも苦しんでいる選手たちの様子を5、6日付現地紙・サイトが報じた。 […]
  • リオ五輪まで240日切る=会場やインフラは大丈夫?=(3)=選手村はまもなく完成へ=競技に問題ないが関連施設は?2015年12月12日 リオ五輪まで240日切る=会場やインフラは大丈夫?=(3)=選手村はまもなく完成へ=競技に問題ないが関連施設は?  五輪におけるゴルフ競技は1904年のセントルイス大会以来112年ぶり。男女は初とあって世界からの注目度は高い。 ゴルフ場は完成度100%となり、無事COBに引き渡された。ただしこの数値は「競技実施に〃直接〃関連する部分」という基準で出されている。だから、クラブハウスの方は内装 […]
  • これがカリオカ流?2015年11月25日 これがカリオカ流?  リオのサッカーチームに、元Jリーグ選手のインタビューを申し込んだ。1カ月前に連絡すると、「1週間前にまた連絡を」と言われ、1週間前には「この週末に」・・・。 週末にも返事が無く、正式OKの返事をもらえぬまま、依頼していた日の前日夜にメールで「明日は後援企業と会食だから無理」と […]