ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から

《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から

 生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。 
 支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。 
 窓口での支払いは、18日からがBF受給者、30日からがそれ以外の有資格者となっている。また、連邦貯蓄銀行(CAIXA)のデジタル口座への振り込みは20日から始まる。 
 緊急援助金は600レアルずつ、計3回にわたって支払われる。今回支払われるのは2回目の分で、支払い期間は6月13日までだ。 
 窓口の混乱や長蛇の列ができてコロナ感染の可能性が高まるのを避けるため、対象者への支払日はあらかじめ決められている。BF受給者への支払日は18〜29日で、受給者番号の末尾番号に応じて日にちが決められている。

 
 それ以外の受給資格者でCAIXAに口座のある人は20~26日に、誕生月に応じて振り込まれるが、この期間中は引き出しや振り替えはできない。同銀行に口座がない人が現金で引き出しす場合と、別の銀行の口座への振り込みは30日から6月13日にかけて行われるが、これも、誕生月によって支払い日が決められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ