ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日付現地紙によると、スピード違反などの交通違反を判定するためのレーダーのある高速道では、設置された前と後とで交通事故の死者が21・7%減少していたことが判明したという。さらに、レーダーのついた高速道の72・8%で、死者が減っていることも明らかになっている。ボルソナロ大統領はすでに8千個にも及ぶレーダーの契約更新を行わないと宣言しているが、このデータを聞いても、その気持ちが揺らぐことはないのだろうか。また、11日付本面でも報じたように、インフラ相が提案する予定の法案では、自動車免許の免停ポイントの上限が2倍となり、免停期間も半減になるというが大丈夫か。
     ◎
 13日未明、連邦警察がサンパウロ州プレジデンテ・プルデンテで500キロ相当のコカインを積んだヘリコプターを発見した。このヘリは燃料補給のために一時的に着陸した際に連警に見つかり、所有者の男性と身元不明の女性が逮捕された。残りの容疑者2人は逃走中だという。このヘリは犯罪組織が所有しているもので、パラグアイで買った薬物を、サンパウロ市で売ろうとしていたという。連警によると、押収したコカインは800万レアルほどの価値があったという。
     ◎
 14日のサッカーのサンパウロ州選手権決勝第1試合、サンパウロ対コリンチャンスは0―0で引き分けた。本拠地のサンパウロが終始圧力をかけたが、コリンチャンスが好守でしのぎきった。一方、サンパウロ大都市圏フェラス・デ・ヴァスコンセロスでは、両チームのファンが乱闘を起こし、6人が被弾、2人が刺傷を負うなど、14人が負傷。逮捕者も5人出た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月28日 東西南北  エドゥアルド・ボルソナロ下議(大統領の三男)は27日、5月に米国で起きたジョージ・フロイドさん殺害事件で、「死因は警官の暴力による窒息死ではなく薬物中毒死」という、検死結果とは異なる“仮説”を拡散し、「全米で盛り上がる黒人の命の保護を訴える運動『ブラック・ライヴス・マター』は […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]