ホーム | 日系社会ニュース | 群馬県リスタート・コミュニティー=一周年迎え活動を振り返る=高齢者対策が今後の課題?

群馬県リスタート・コミュニティー=一周年迎え活動を振り返る=高齢者対策が今後の課題?

記念のケーキカット

記念のケーキカット

 【群馬県発=國分雪月記者】群馬県大泉町のブラジリアンプラザ(日本海外協会、林隆春会長)で26日に定例会が行われ、約20人が参加した。6月20日に一周年を迎えた「リスタート・コミュニティー支援センター」の活動を振り返り、今後の課題を話し合った。
 昨年6月20日にブラジル人を中心とする外国人生活困窮者の一時的な保護、職業紹介を行う同リスタート・コミュニティーを開設し、今までに126人を受け入れた。開設当初はコロナ禍の影響による若い世代の失職者の利用が多かったが、段々と年齢層が上がり、就職口を見つけることが難しくなっている。
 ほかにも家庭内暴力の被害者やアルコール依存症の人が利用するケースもあったため、精神病や依存症などの問題を抱える人への今後の対応を検討していく。
 また、昨年9月からは同支援センター利用者の食糧確保のため、フードバンク活動をはじめた。フードバンク活動とは、企業などから飲食物の寄付を受け、生活困窮者に配布する活動のことだ。現在までに企業など9団体から約29トンの寄付を受け、約23トン配布した。
 今月から毎週土曜日に食料が必要な世帯への配布もはじめ、本当に食料が必要か確認し食料を渡している。日本を含め11カ国の世帯が群馬県内だけでなく近隣の県からも受け取りに来るそうだ。12日は48家族、19日は80家族と増加傾向にある。さらに使用済みのランドセルの寄付を受け、必要な家庭に再配布している。
 林会長は一年間を振り返り、「昨年は非正規の仕事の減少が問題となったが、今は高齢者向けの仕事の減少や生活の維持が問題となっている。日系社会の家族の孤立化も進み、外国人共同供養墓も作った。昨年はじめと現在で需要の変化があるため、次にどのような対応が必要かこの会で考えていきたい」と語った。
 定例会後は支援センターで世話人を務めるキクタ・ペドロさんが一周年記念のケーキカットを行った。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サルネイ上議=倫理委員会の俎上へ=連立与党は勝算ありと楽観2009年8月6日 サルネイ上議=倫理委員会の俎上へ=連立与党は勝算ありと楽観 ニッケイ新聞 2009年8月6日付け  ジョゼ・サルネイ上院議長(PMDB=民主運動党)の去就は五日、パウロ・ドゥッケ上院倫理委員長(PMDB)の采配に渡されることになったと五日付けフォーリャ紙が報じた。 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 五輪=聖火が遂にリオの町に=市長も自らリレーに参加=ローマ法王のメッセージも2016年8月4日 五輪=聖火が遂にリオの町に=市長も自らリレーに参加=ローマ法王のメッセージも  リオ五輪開催を2日後に控えた3日、リオ州を巡回中の聖火が一時的にリオ市を通過。エドゥアルド・パエス市長もニテロイ市から届いた聖火を受け取った後にリレーに参加、ローマ法王もメッセージを送るなど、本番直前の興奮が高まっていると3日付G1サイトなどが報じた。 リオ州での聖火リレーは […]
  • ユタテゴールデンショー=80人が出演、26日2013年5月23日 ユタテゴールデンショー=80人が出演、26日 ニッケイ新聞 2013年5月23日  2007年に設立された総合音楽プロダクションのユタテ・レコードによる「ユタテゴールデンショー2013 秋の歌謡祭り」が26日、文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381, […]
  • どこから来たの=大門千夏=(68)2018年3月30日 どこから来たの=大門千夏=(68)  夕方パラチの別荘に着いた。外から見るとごく平凡な背の高いコンクリート塀があって、その真中に大きなペンキのまだらにはげおちた厚手の木製の二枚扉がある。青みがかったネズミ色の扉。しかしこのまだら加減がパラチという古い町によく調和しているから不思議だ。いかにも昔からの由緒ある家族が […]