ホーム | 日系社会ニュース | 健康体操、准指導員養成セミナー=「地方でも健康体操の普及を」

健康体操、准指導員養成セミナー=「地方でも健康体操の普及を」

年初の研修合宿に参加した指導員ら(提供写真)

年初の研修合宿に参加した指導員ら(提供写真)

 ブラジル健康体操協会(川添敏江会長)は「第6期准指導員養成セミナー」の受講希望者を4月から受付けを開始する。5~12月まで月一回実施され、翌年1月に認定試験が行われる。受講料(テキスト代含む)は月25レ。

 セミナーでは「さくらさくら」「北国の春」など17曲の体操を習得。終了時の認定試験に合格すれば、准指導員としてブラジルで指導することが可能だ。第1回目は、5月4日午後1~4時まで、福島県人会館(Rua da Gloria, 721)で行われる。

 同協会は、全日本健康音楽研究会(斉藤千代子会長)の支部として06年に発足。現在、聖市を中心に首都、ロンドリーナ、サルバドールを含む70の教室で約1300人の生徒を有し、指導員・准指導員65人が各地教室で指導している。

 川添会長は「地方在住の方にぜひ積極的に参加して頂ければ。資格があれば、グループを作って地元の皆さんに指導できます」と呼びかけた。

 問合せは、川添会長(11・4828・3611/97204・1127)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ