ホーム | 日系社会ニュース | 岐阜県人会を顕彰=サンパウロ市市議会=日伯〃橋渡し〃事業を評価

岐阜県人会を顕彰=サンパウロ市市議会=日伯〃橋渡し〃事業を評価

2007年7月4日付け

 サンパウロ市議会が、日伯の交流に貢献した団体として、岐阜県人会(山田彦次会長)を顕彰し、その名を議事録に記すことを決めた。このほど、県人会にその旨を記した書面が届き、山田会長はじめ関係者らは「想像もしてなかったこと」と驚き、喜んでいる。
 「別に頼んだわけでもないのに、ビックリですよ」と山田会長。県人会に書面が届いたのは、六月二十日過ぎのこと。同県人会を「日本社会とブラジル社会の統合に素晴らしい働きをした」として顕彰し、議事録に残すことを今年の四月十二日に決定した。
 記録の提案を行ったのは、ジルソン・バレット議員。〇三年の同県人会九十周年記念で、来伯した渡辺信行県会議員(当時、議長)に、市議会で最高権威を持つアンシエッタ賞を贈った人物だ。
 山田会長は、顕彰の理由に、岐阜県出身の人間国宝、故・加藤卓男氏(陶芸家)の作品「三彩貼花手付花入」をMASPに寄贈したこと、過去二回の花火大会、市立劇場での日伯ジョイント・コンサートの開催、三十年間続けられている日伯青少年交流事業、農業高校生実習制度などの県人会活動をあげ、「これまで地道に進めてきた我が県人会の仕事が認められたということ。嬉しく素直に受け取っている。他の県人会にとっても励みになるのでは」と話した。
 岐阜県人会は、来年、県人会創立七十周年、県人移民九十五周年、そして日本移民百周年の三つの節目を迎える。「今回の顕彰を県側にも報告して、来年は、県庁やブラジル政府など、実行委員会に様々な団体を入れて、多く参加をよびかけたい」と、山田会長は意気込みを見せた。同県人会が進めているOSCIPへの団体登録は現在手続き中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]