ホーム | 日系社会ニュース | 絵画17人展、「感覚の動き」31日まで

絵画17人展、「感覚の動き」31日まで

2007年7月4日付け

 スラヴィエロ&グェデス画廊(アラメダ・ガブリエル・モンテイロ・ダ・シルバ2074、ジャルジン・パウリスターノ)で三日、アニタ・カウフマンさんらの絵画十七人展「感覚の動き」が始まった。三十一日まで行われる。問合せ電話3061・9858。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンタカタリーナ=大荒れの天気で死者も出る=16日以降南部中心に被害2016年10月19日 サンタカタリーナ=大荒れの天気で死者も出る=16日以降南部中心に被害  サンタカタリーナ州防災局が17日、同州西部のサンカルロスで農夫が落雷を受け、死亡したと発表した。  同州では16日以降、激しい風や雨が続いており、16日には南部のツバロン市サンジョアン区で、倒木に直撃された車に乗っていた8歳の女児が即死するという事故も起きた。これにより、悪 […]
  • ルイス・カルロス・ミエーレ死去=ブラジル芸能界屈指の才人2015年10月16日 ルイス・カルロス・ミエーレ死去=ブラジル芸能界屈指の才人  1960年代より、ブラジルの芸能界でプロデューサー、司会者、俳優としてマルチな才能を発揮し続けたルイス・カルロス・ミエーレが14日、リオデジャネイロ市の自宅で倒れ、帰らぬ人となった。77歳だった。 女優で歌手だった母イルマ・ミエーレの息子としてサンパウロに生まれたミエーレは、 […]
  • アナ・パウラ・アロージオ(ウィキペディアより)2014年11月4日 ブラジルで話題の「消えた人気女優」=アナ・パウラ、今度は復活か?  90年代から2000年代にかけて人気と話題を集め、「将来のブラジル期待の女優」と目されていた人物がいた。彼女の名前はアナ・パウラ・アロージオ。そんな彼女だったが、2010年から忽然と姿を消し続けていた。 アナ・パウラ・アロージオは1975年生まれ。12歳の頃からモデル業を […]
  • ギリェルメ・デ・アルメイダ館(写真提供=中田さん)CASA GUILHERME DE ALMEIDA11 3673-1883 | 3803-8525 : R. Macapa, 187 - Perdizes Sao Paulo2014年9月19日 「ギリェルメ・デ・アルメイダ館」に寄せて=中田みちよ=(2)=バビー夫人との出会い  2008年に日伯文化連盟が日本移民百周年を記念して、ギリェルメ・デ・アルメイダ賞と銘打った『論文』を募った。社会上昇を願うばかりだった日系社会も、100年を経過したのだから、文化的なものに眼を向けなければということで、パウリスタ文学院と共催でおこなわれた。 当 […]
  • ギリェルメ・デ・アルメイダ(『サンパウロ四百年祭』(聖市四百年祭日本人協力会、1957年)2014年9月18日 「ギリェルメ・デ・アルメイダ館」に寄せて=中田みちよ=(1)  中田みちよさんと古川恵子さんが『コスモポリス 1929年のサンパウロ』(ギリェルメ・デ・アルメイダ著)を全訳した。サンパウロ市400年祭の総裁、日伯文化連盟の初代会長を務めたあの詩人アルメイダの作品だ。日本移民全盛期のコンデ・デ・サルゼーダス街のルポだけでなく […]