ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ルーラ大統領の守護天使=逆らう者に責任を負わせる

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》最高裁が警察にも司法取引の権利認める=判事投票10対1の大差2018年6月22日 《ブラジル》最高裁が警察にも司法取引の権利認める=判事投票10対1の大差  ブラジル連邦最高裁(STF)大法廷が20日、従来は連邦検察庁(MPF)だけに限られていた報奨付供述(デラソン・プレミアーダ、以下「DP」)を被疑者との間で行う権利を、連邦警察や各州市警にも認める決定を下したと、21日付現地各紙が報じた。  DPは〃司法取引〃とも呼ば […]
  • アーティストたちの祈り通じる=スヴェイテル報告官のテメル大統領告発受け入れ2017年7月12日 アーティストたちの祈り通じる=スヴェイテル報告官のテメル大統領告発受け入れ  現在ブラジルは、収賄容疑で起訴されたテメル大統領の告発を、下院が受け入れるか否かに注目が集まり、下院の憲政委員会で報告官をつとめるセルジオ・スヴェイテル氏が、告発を「受け入れる」という見解を示したことに、国民が好意的な反応を示している。  とりわけそれを喜んでいるのは、ブラ […]
  • 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し2017年4月27日 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し  テメル政権の進める、労働法と社会保障制度の改革に反対する勢力が、28日に全国規模のストを計画していると、26日付現地紙・サイトが報じた。  ストを呼びかけているのは、中央統一労組(CUT)、ブラジル中央労働者組合(CTB)、インテルシンジカル、中央人民労組(CSP)、一般労 […]
  • 3度目の年を越すLJ作戦=国民の96%が継続希望=政界からの妨害も本格化2017年1月1日 3度目の年を越すLJ作戦=国民の96%が継続希望=政界からの妨害も本格化  車の洗浄も行うガソリンスタンド網を利用した不正な金の動きがあるとして、2014年3月にパラナ州など7州で始まった、連邦警察による汚職摘発作戦「ラヴァ・ジャット」(LJ)が、3度目の新年を迎えた。  日本を始め先進諸国のメディアが「洗車作戦」などと訳すLJは、年を追う […]
  • LJで週末に起訴3件=パラナ2件に最高裁1件=マンテガ氏からも圧力?2016年5月10日 LJで週末に起訴3件=パラナ2件に最高裁1件=マンテガ氏からも圧力?  ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で6日、パラナ州の連邦地裁に2件、最高裁に1件の起訴状が提出されたと7、8日付伯字紙が報じた。 地裁への起訴状の一つは、ルーラ前大統領の友人の牧畜企業家ジョゼ・カルロス・ブンライ被告が04年にシャヒン銀行から借りた1200万レの内、600万レを受け […]