ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月11日付け

 七、八日に行われた二十五周年記念ゲートボール大会ではブラジル内から約千五百人が集まった。開会式の入場行進まではまだ順調なのだが、式が進むに連れ、祝辞を述べている間に自分の席に戻りだす人、隣の人たちと話し出す人などが続出。よくよく見ていると来賓者も同じような感じに。人が多いとまとめるのが大変だとしみじみ実感。
     ◎
 取材でバラフンダ区の近くにあるジガンテ球場を訪れた際、偶然にもパンアメリカン大会に出場するソフトボールの選手に出くわした。オーストラリア代表が水着姿でカレンダーを出すことについて質問してみた。すると「あんな方法でソフトボールを知ってもらいたくない」という答え。一方のブラジル代表は、素足の状態で写っているポスターを発表。このニュースは共同通信の配信で日本各地のメディアが紹介しているが。
     ◎
 サンパウロ日伯援護協会の森口イナシオ会長が先月二十八日の定例役員会で、静脈瘤が通常の二倍以上に膨れ、力を入れたときに破裂する恐れがあると医師から診断されたと報告した。同会長は三十日に開腹手術を行い、無事成功だったそうだ。現在まだ入院中だが、術後の経過は順調。元気な姿で復帰してほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 2014年5月16日 あっ、セレソンより先にW杯開幕会場のトイレを使う子どもたち  6月12日にW杯開幕会場となるイタケロン(アレーナ・サンパウロ)を見学した。サンパウロ日伯援護協会が運営する自閉症児療育学校PIPAの子どもら10人余りに同行して、ちょうど一カ月前となる13日に取材した。詳しくは日系社会面記事「PIPAがW杯開幕会場視察」を参照してほしい […]
  • 春の叙勲=続氏に旭日重光章伝達=「ただ感謝あるのみ」2010年6月25日 春の叙勲=続氏に旭日重光章伝達=「ただ感謝あるのみ」 ニッケイ新聞 2010年6月25日付け  保健大臣を務めた続正剛氏が春の叙勲で旭日重光章を受章し、11日午後3時から、在クリチーバ日本国総領事公邸(佐藤宗一総領事)で叙勲伝達式が行われた。 […]
  • 全伯郷土民謡大会=128人出場、民謡体操も=2日2009年7月31日 全伯郷土民謡大会=128人出場、民謡体操も=2日 ニッケイ新聞 2009年7月31日付け  ブラジル郷土民謡協会(桜庭喜太郎会長)は、八月二日午前九時から宮城県人会館(ファグンデス街152)で「第二十一回ブラジル郷土民謡大会」を開催する。入場無料。 […]
  • 今週末の催し2008年10月17日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年10月17日付け 土曜日  熊本県人世界大会「世界のもっこす大会」、十八日午前十時、文協ビル(R.Sao Joaquim,381)、午後一時から大講堂で「熊本芸能ショー」     □ […]