ホーム | 日系社会ニュース | リオ=期待される日系選手の活躍=米州大陸のスポーツ祭典

リオ=期待される日系選手の活躍=米州大陸のスポーツ祭典

2007年7月14日付け

 米州大陸の四十二カ国(五千六百四十八人)が参加する第十五回パンアメリカン大会の開会式が十三日の午後四時から、リオのマラカナン・スタジアムで盛大に行なわれた。
 今回で十五回目を数えるパンアメリカン大会は、一九五一年にアルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたのが始まり。三十四種目を争う。同大会で、ブラジルはこれまでに合計七百六十六個のメダル(内百八十七個が金メダル)を獲得している。獲得数は参加国の中で五位に入っている。
 メダルに期待がかかる選手の筆頭は、ウーゴ・オーヤマ(卓球・男子・シングルス)選手。これまでパンアメリカン大会で八個の金メダルを獲得しており、今大会で金メダルを獲得できれば新記録樹立となる。
 その他にはオオハタ・マリアーナ(トライアスロン)選手、クミサキ・ヴァレイラ(空手・五十三kg級)選手、サケミ・タティアネ(競泳・百mバタフライ)選手らにもメダルの期待がかかる。
 今大会に向けて、全選手が日系人のブラジルソフトボール代表は、アピールのために選手の内七人がユニホームから素足をみせるセクシーな写真を公開し、日伯のメディアで大きく扱われて話題を呼んだ。同代表選手らは「多くの人に知ってもらいたい」と話し、「大会ではなんとしてもメダルを獲得したい」と意気込みを語った。
 伯は二〇一六年のオリンピックの開催候補地に名乗りを上げている。〇八年の北京から野球が種目から削除されるため、野球代表は野球の競技復活を目指して頑張っている。〇三年にキューバで開催された野球ワールドカップでは、世界七位に入っているだけに同大会ではメダル獲得圏内に一歩でも近づくことを目標としている。
 主な日系人選手は以下の通り。◎男子【陸上競技】スギマチ・マハウ(四百mハードル)、【バトミントン】クマサカ・ギイリェルメ(シングルス)、【フェンシング】シンボ・ヘイトール(フルーレ個人)、【競泳】ヤベ・ディオゴ(二百m個人メドレー)、【ライフル射撃】ヤマモト・ステニオ(ピストル個人五十m)、【卓球】ホウヤマ・ヒューゴ(シングルス)、ツボイ・グスターヴォ(シングルス)。
 ◎女子【バトミントン】アリモリ・マリアナ(シングルス)、【自転車】ヒラマ・ルシアナ(BMX)、【体操競技】マツオ・ルイザ(新体操)、【空手】クミサキ・ヴァレイラ(五十三kg級)、【競泳】カツノ・マリアーナ(百mバタフライ)、オキモト・ポリアーナ(八百m自由形)、サケミ・タティアネ(百mバタフライ)、【飛び込み】タカギ・タミー(三m板飛び込み)、【トライアスロン】オオハタ・マリアーナ、【卓球】ノナカ・マリアニー(シングルス)、サコ・カリン(シングルス)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ≪ラ米≫メ・リブレがヴァーレ抜く=時価総額が1位に2020年8月11日 ≪ラ米≫メ・リブレがヴァーレ抜く=時価総額が1位に  ブラデスコBBIが7月末に行った企業評価によると、アルゼンチンの電子商取引サイトを運営するメルカード・リブレ社(http://www.mercadolibre.com)が、ブラジルの鉱山会社ヴァーレ社を上回り、ラテンアメリカで最も価値のある企業となったと、経済情報を取 […]
  • 《ブラジル》大統領がブラジル銀行にCM削除命令=青年顧客獲得狙った内容=同様の広告変更は既に4度=25日にも多様性不寛容発言2019年4月27日 《ブラジル》大統領がブラジル銀行にCM削除命令=青年顧客獲得狙った内容=同様の広告変更は既に4度=25日にも多様性不寛容発言  ボルソナロ大統領がブラジル銀行総裁に対し、黒人や同性愛の青年俳優を使って青年層に訴えるCMの放送を止めるよう求めたことや、同行総裁がこのCMの製作を指揮したマーケティング部長を解雇したことがわかった。ボルソナロ氏はこれ以外でも、人種多様性などに関し、偏見に満ちた発言を […]
  • 東西南北2018年10月4日 東西南北  3日付アゴラ紙によると、サンパウロ市内の粉ミルク配給プログラム「レーヴェ・レイテ」で、契約家庭にミルクが行き届かないというトラブルが発生しているという。これは月収2811レアル未満の家庭の6歳までの子どもを対象とするサービスで、市役所によると、市内では約25万人の子どもが加入 […]