ホーム | 日系社会ニュース | 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=並々ならぬ在外同胞への思いやり=特別拝謁でご下問絶えず

奉祝、天皇陛下ご在位30周年=並々ならぬ在外同胞への思いやり=特別拝謁でご下問絶えず

菊地さん

菊地さん

 読売新聞主催「第40回医療功労賞」授賞式のため2012年3月に訪日した日本移民110周年記念委員会実行委員長の菊地義治さんは、新聞報道でその滞日をお知りになった陛下から昼食会への招待を受け、菊地夫妻のみで両陛下に一時間超に及んで特別拝謁するという類まれなる栄に浴した。

 菊地さんは「陛下はご訪問された各地の日系社会のことをとにかく気にかけられ、ご下問が絶えず、話が途切れることがなかった」と話す。
 「『フンシャル移住地はその後どうなっていますか』とご下問され、『グアバなど果樹栽培が盛んで、辺鄙な場所でしたが、交通の便も人々の生活も良くなりました』とお答えすると、喜んでおられました」という。
 菊地さんは「移民についてよくご存じで、両陛下の並々ならぬ思いやりを感じた」と語る。両陛下は過去3度に及んでご訪問されるのみならず、ずっと心を寄せて移住者の幸せを願い、日系社会の行く末を温かく見守られてこられた。
 「皇室が二千年以上に亘って続いているのは、建国以来、天皇が国民を思いやってこられたから。その積み重ねがあるからこそ、移民三、四世であってもご接見を受けて感激し、それが日系社会の発展をもたらしている」と見ている。
 陛下は、同年2月に心臓バイパス手術を終えたばかりで体調が万全ではなかった。にも関わらず、ブラジルから遥々来日した菊地夫妻のために、その日に皇居内で陛下が摘んだ春の七草の一つ、野蒜の和え物が膳に上がっていた。
 別れ際には「移住者の皆さんにどうか宜しくお伝えください」と宣ったという。「我々日系社会は、両陛下に感謝しつつ、そのご恩に報いなければ。120年、130年と日系社会が続いていくよう次なる人材を育て、日伯交流の発展に貢献していかなければいけない。移民は移住して終わりではないですよ」と背筋を正した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任2019年2月27日 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任  ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部の「定期総会」が先月27日、聖市ビラ・カロン区の同会館で開催され、新会長には小波津アントニオ・セルジオ氏が決まった。  副会長には米須保氏、岸本アントニオ氏、花城清氏、仲本ロベルト氏、仲宗根ジョアン氏が就任する。なお、正式に現役員と […]
  • 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!2019年2月23日 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!  24日、天皇陛下ご在位30年記念式典が、東京都の国立劇場で催される。陛下は4月30日にご退位され、平成の御代もいよいよ幕引きとなる。天皇皇后両陛下は皇太子時代の1967年、78年、ご即位後の97年の計3回に及んでブラジルを訪問された。移住者と子弟にずっと心を寄せられ、 […]
  • 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下2019年2月23日 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下  「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。  沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身 […]
  • ■訃報■秋本満敏さん2019年1月5日 ■訃報■秋本満敏さん  中西部日伯協会連合会元会長で連邦区在住の秋本満敏さんが、心臓発作により入院先で4日に急逝した。享年70。  秋本さんは1949年1月1日生まれ。愛媛県出身で、60年に移住。77年までパラナ州ウライーで過ごした。  ツバロン製鉄所などでの勤務を経て、80年からブラジ […]
  • JRパス=「狙い撃ちするな!」と怒りの声=在外邦人だけ来年末で終了=大阪万博も控えているのに2019年2月19日 JRパス=「狙い撃ちするな!」と怒りの声=在外邦人だけ来年末で終了=大阪万博も控えているのに  「ジャパン・レール・パス(以下、JRパス)」の海外在住日本国籍者への販売・利用期間は当初、2017年3月末に終了されるはずだったが、世界の在外邦人や当地コロニアからの切実な願いが届き、来年12月まで延長になっていた。しかし来年末に再び利用期限が切れる問題を受け、コロニ […]