ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月21日付け

 海外・汎米日系人大会の代表者会議では、進行の都合上、各発表者の持ち時間は三分とされた。「日本人の持つ勤勉さ、正直さ、時間・約束を守るといった美徳を…」という発表内容の言葉とは裏腹に、時間切れの鐘を鳴らされても、発表を続ける代表者も多くおり、議長らも苦笑。伝えたい言葉を多く持っているということではあるのだが。
     ◎
 汎米日系人大会への参加者が墜落したTAM機に乗っていたとの噂を聞き、同協会の受付担当に確認したが、「ポルト・アレグレからの申し込みは一人もいなかった」とのこと。一方、ノロエステ線のビリグイに住む一家三人と親族一人が一度に死亡した悲劇も報道された。その夫、マルシオ・ロジェリオ・デ・アンドラーデさんは元サッカープロ選手で、二年前まで数年間、日本に住んでプレーしていたという。妻が妊娠し、出産のために帰伯。つい最近もロナウジーニョの兄弟を日本へ広告契約させる交渉を進めていたとか。一機だが、八人もの日系人と意外な日本との絆が乗っていた…。
     ◎
 先月、サンパウロ市在住の某県人会関係者が窃盗被害に遭った。この男性、自宅に隣接して工場があるのだが、その日、同工場の従業員と名乗る男が、「水漏れがあるので中を見せてほしい」と家内に進入。家族が少し目を離した隙に、机の中に入っていた日本のパスポート、常備していたドルなどを盗まれたという。その以前には銀行のカードをコピーされ、一千レアルの単位で預金を引き出されていたそう。こちらの方はお金も戻り、被害はなかった由。
     ◎
 新潟県人会の柿嶋会長によれば母県の地震被害に関し、今回はコロニアに広く呼びかける募金はやらない、とのこと。ただし、県人会として見舞金を渡す段取りをしている、という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯2018年11月20日 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯  次世代の農業リーダー育成を目指し兵庫県が実施する、『第40回若手地域農業リーダー育成研修制度』が4~17日まで実施された。県内の農業高校、大学に通う学生13人が参加し、サンパウロ、パラナ州各地の日系農家や団体などと交流した。  兵庫県立農業高等学校の佐々木達望さん( […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?2018年10月22日 サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?  人気女優のブルーナ・マルケジーナが18日、長年の恋人でもあるネイマール(26)との恋愛関係を終えたと発表した。  ブルーナはサンパウロで行われたイベントで、ネイマールとの交際の終りを発表した。  ブルーナは「この件に関してはあまり長引かせたくはありません。私と彼( […]