ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月7日

 F1グランプリ開催の運営を行うクラウジアさんの祖父、濱田良一さんは、80年代に三重県人会の会長を務めていた。モダンで、クラウジアさんの母(娘)がスペイン人の父と結婚をするときも祝福してくれたそう。穏やかで孫たちにいろんな話をしてくれる人だった。クラウジアさんは、自らの運営調整能力は、祖父からも学んだことが多いと、懐かしみながら語ってくれた。県人会仕込みの運営の能力が、伯国が誇るイベントに活かされるとは日系冥利に尽きる?

     ◎

 群馬労働局の調べによると、同県内の2013年の外国人労働者数は1万7709人で、調査を始めた08年以来、初めて減少に転じたとか(前年2・5%減)。日本各紙が報じた。ブラジル人は10・5%減と減少率が最も高く、6163人に。が、09年のリーマン・ショックで労働者数が減らなかったというのは何だか不自然。報道には「外国人労働者」としか書いてないが、おそらく正規雇用者だけを取り扱った数字なのだろう。だとしたら、派遣も入れると実情はずいぶん違うはず。

     ◎

 NEC関係者の集会冒頭には、出席者の自己紹介という時間帯が設けられた。NEC関係者のみかと思いきや、全員が自己紹介。それで1時間を費やした。そのせいか、本題に入ると、あくびやうとうとする姿が見られ、時計をチラチラ見る参加者らも。第2弾はもっと実りのある意見交換を―と思うが今のところ、テーマは医療、日時は調整中だとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 大耳小耳2014年3月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月18日  先週、創立30周年を祝ったサンパウロ大学生援護連盟(ABEUNI)。貧困地域での医療活動のほか、フェスタ・ジュニーナやアベウニ祭りなど、様々な慈善イベントを開催している。また「Educando o […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月6日  昨日公館長表彰を受けたドウラードス日本語モデル校の校長・城田志津子さんは、「天候に左右される農作物に一喜一憂しつつ、明日を信じて子どもと遊んできた。農業で節くれだった手が誇り」と農業者らしく挨拶。また、両親がデカセギに行った生徒が夕日を眺め […]
  • 大耳小耳2014年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月13日  日本のファッション普及を目指し、先月設立した「J―ファッション・ブラジル協会」(7日付本面詳報)。9日午後、佐藤クリスチアーネ会長が初の講演会を開いたところ、予想を上回る80人の出席で会場の三重県人会会議室が超満員に。「参加できなかった人 […]