ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』456号が10月に刊行された。《子の学資欠かしてならぬ鰯買ふ》(小橋矢介夫)という親の苦心があってこそ、子はUSP入学生の1割を占めるまでに。《女流らの粧ひ清しホ句の春》(三原春風)にある「ホ句の春」は、本来は「ホ句の秋」で「俳句を詠みたくなる秋」という意味とのこと。思えば、ブラジルの春は、たしかに日本の秋だ。木の幹に直接、真っ黒な実がなるジャボチカバは南米原産。《黒真珠と讃へて買ひぬジャボチカバ》(杉本鶴代)もブラジルらしい作品。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 裏千家、今年も「宗旦忌」=27日、文協ビルで2011年11月22日 裏千家、今年も「宗旦忌」=27日、文協ビルで ニッケイ新聞 2011年11月22日付け  茶道裏千家ブラジルセンター(林宗慶代表)は「宗旦忌」を27日午前11時から、文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)4階44号室の裏千家教場「伯栄庵」で行なう。 […]
  • コラム 樹海2006年2月2日 コラム 樹海 […]
  • 緩和ケア=最先端担う千馬寿夫医師=連載(2)=患者は「死」に対し神経質に=チームに求められる冷静、忍耐2006年5月24日 緩和ケア=最先端担う千馬寿夫医師=連載(2)=患者は「死」に対し神経質に=チームに求められる冷静、忍耐 2006年5月24日(水)  二月××日午後、在宅チームの一つに同行した。行き先はサンパウロ市北部リモン区の非日系人男性(47)宅。医師、看護婦、心理士、理学療法士、ソシアル・ワーカーなど七人がコンビに乗り込んだ。 […]
  • 東西南北2014年3月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月20日  18日午後、サンパウロ市をテンポラル(強いにわか雨)が襲い、主に西部と南部で冠水の被害が起きた。特に目立ったのは西部のヴィラ・マダレーナで、アルモニア通りでは急増した水で持ち上げられ、流された車が、別の車の上に乗った状態になるほどの大水と […]
  • 大耳小耳2017年9月21日 大耳小耳  サンパウロ市スポーツ・レジャー局は『ビラーダ・エスポルチーバ』を23、24の両日に行う。サンパウロ市民の身体活動を促進することを目的とした本事業は、市内各所で行われ、一千以上の事業が2日間に行われる。東洋街では、サンパウロ市文協、東洋会館、客家会館などを中心に行われ、日本、中 […]