ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年1月23日付け

 二〇〇六年にコロニアの手に戻ってきたサントスの旧日本語学校。サントス日本人は、日本語学校も含め、大いに活用すべく検討を続けている。二月十五日の総会で役員の改選もあり、二世へ代替わりも図る。昨年十月の全国統一選挙で同市議に選出された金星クラブの中井貞夫会長は、「若い人を呼び込み、活発化したい」と意気込んでいる。日本移民上陸記念碑の移転が予定される公園での日本文化フェスティバルも計画しており、今年のサントスは盛り上がりそうだ。
     ◎
 二十二日、奈良県でコガ・マリオ・ヒロシさん(53)がクローヴィス・エドゥアルド・モイヤ容疑者(42)に腹部を刺され意識不明の重体。モイヤ容疑者は「仕事上のトラブルがあった」と供述している。また日本時間の二十三日、愛知県名古屋市の路上でブルム・タダシ・ナメカタさん(31)が殺害され、現在犯人の行方を追っている。日本から届く在日ブラジル人のニュースは、耳を塞ぎたくなる不穏なものばかり。
    ◎
 先日編集部に送られてきた天理新聞一月号によれば、昨年十二月八日から四日間、大洪水で苦しんでいたサンタカタリーナ州イリョッタ市に、水害援助ひのきしん(天理教信者による教団内外での奉仕活動)が行われたという。サンパウロ市などから青年会有志ら十四人が駆けつけ、体育館に着く援助物資の荷降ろしと仕分けを手伝った。「休むひまもなくかなりの重労働であった」とあるが、さぞや充実した体験だったに違いない。日本の助け合い精神は、ブラジルにも根付きつつある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 横浜市議10人が来伯=神奈川県人会が歓迎会=「様々な分野で交流を」2011年11月19日 横浜市議10人が来伯=神奈川県人会が歓迎会=「様々な分野で交流を」 ニッケイ新聞 2011年11月19日付け  神奈川文化擁護協会(永田淳会長)は14日夜、ブラジル視察に訪れた横浜市市会議員10人の歓迎会をリベルダーデ区のニッケイパラセホテルで開いた。会員ら約40人が集まり、懇談に花を咲かせた。 […]
  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]