ホーム | 日系社会ニュース | 「菊池英二賞」を贈る=生長の家=児島修徳剣連会長に

「菊池英二賞」を贈る=生長の家=児島修徳剣連会長に

2007年7月31日付け

 生長の家は、剣道の発展、指導に寄与したと認められる個人に贈られる「菊池英二賞」を、全伯剣道連盟の児島修徳会長に授与した。十五日、全伯剣道選手権大会の場で贈呈式が行われ、大小揃いの日本刀が児島さんに贈られた。
 同賞は、ブラジル剣道の創設、普及に貢献した剣道家、菊池英二氏にちなんだもの。菊池氏の弟子であり、生長の家関係者の福田進さんが、ブラジル剣道界の発展を目指して功績のあった人物に対し、生長の家日本本部から贈られる大小の日本刀の贈呈を行う。
 児島さんは賞の授与を受け、「大変ありがたいこと」と喜んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボルソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]
  • コラム 樹海2008年2月14日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2008年2月14日付け […]
  • 羅府新報=アメリカ本土日本移民入植150周年=夢と希望胸にカリフォルニアへ=(4)2019年1月23日 羅府新報=アメリカ本土日本移民入植150周年=夢と希望胸にカリフォルニアへ=(4) おけいの墓知れ渡る 日系社会で一大旋風  若くしてアメリカに渡り、19歳という若さでこの世を去ったおけい。その墓は死後、長く知られることはなかった。墓を尋ねる人も、花を手向ける人もなく、1人寂しくカリフォルニアの大地に眠っていた。こうしてアメリカの土に眠る最初の日系移民の女 […]
  • リースにもIOF=歯止めが利かない過熱消費2008年8月21日 リースにもIOF=歯止めが利かない過熱消費 ニッケイ新聞 2008年8月21日付け  政府はクレジット拡大による過熱消費を懸念し、リースに対し金融税(IOF)三・三八%を課税する意向と十七日付けヴァロール紙が報じた。これまでリースは、貸借取引と見て金融取引とは考慮しなかった。 […]
  • 《ブラジル》アサイ=冗談から始まった「旭城」=ブラジル初“日本式”城の裏話=(下)=シンボル、観光活性化に期待2018年7月4日 《ブラジル》アサイ=冗談から始まった「旭城」=ブラジル初“日本式”城の裏話=(下)=シンボル、観光活性化に期待  2008年の定礎式から4年が経ち、城は8割が完成していた。ところが、次の市長選で当選した新市長は一切、築城を進めなかった。新市長は前市長のライバル派閥で、小岸さんが直談判に行くとけんもほろろに「あんな箱物に出す金は一銭もない」とはねつけた。  会員の反対を押し切って […]