ホーム | 日系社会ニュース | 希望の家=「牛の丸焼き」

希望の家=「牛の丸焼き」

2007年5月31日付け

 今年で七回目、希望の家福祉協会(木多喜八郎理事長)が、六月三日午前十時から、同施設で「牛の丸焼きパーティー」とフェスタジュニーナを開く。
 午前十時からセレモニーが始まり、同協会の敷地内に緑化運動として、五千本の木を植林する計画。最初に千本が植えられる。イタクァケセツーバ市後援、ブラジル・ホンダ自動車の社員、同協会職員、入園者が鍬を持つ。また、フェスタジュニ―ナでは、入園者の踊りが披露される。当日は、牛二頭と豚二頭が用意され、正午から午後三時までの間に賞味する。
 木多理事長は「ぜひ、大勢の方々に来場していただきたい」と呼びかけた。入場料二十レアル。問い合わせは、希望の家11―5549―2695。

image_print

こちらの記事もどうぞ