ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月1日付け

 本紙連載中の野澤今朝幸さんの自分史『草原』は、満州引き揚げ後移住した人たちに「よくぞ、書き残してくれた」という思いを抱かせているようである。日本内地で終戦を迎えた人たちには「こんなに酷いとは知らなかった」と驚きを与えている。過去、敗戦直後の満州引き揚げ時の悲惨さは、日本国内で多くの人たちに書かれ、語り継がれてきたが、ブラジルにおける身近な同胞の記述には、また違った感慨があるのだろう▼元陸軍の将校だったという八十二歳は、ぜひ野澤さんの所に香典を届けたい、焼香したい、と住所を問い合わせてきた。満州における悲劇からもう六十二年経ている。きけば、実兄が旧満鉄に務めていて、野澤さんの家族、親類と同じ目に遭った、他人事とは思えない、ということだった。毎日涙なしには読めない、と言い、筆者と話をしている間にも泣いた。声がつまって話が聴き取れなくなった。この人にとって、まだ満州は風化していない。野沢さんの文章を読んで感極まったのである▼自画自賛になるが、コロニア文芸賞を受賞したこの作品の連載許可をもらい、掲載できてよかったと思う。自分史も優れたフィクション同様、人の感情を激しく揺するものがあるということがわかる▼これから『草原』では野澤さんのブラジルでの生活が描かれる。ブラジルで「生きて行く道」もけっして平坦ではなかった。満州移住と異なり、成人して自身の意志で選んだ道をどう歩んだか、文章を追っていただきたい。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 1ドルが2・40レに接近=16日に2・09%の急騰=米国の経済回復見込みで2013年8月20日 1ドルが2・40レに接近=16日に2・09%の急騰=米国の経済回復見込みで ニッケイ新聞 2013年8月20日  このところのドル高レアル安が一段と進み、16日は中銀の介入にもかかわらず、1ドル=2・40レアルに接近、ここ4年の最安値を記録した。17日付伯時紙が報じている。 […]
  • 東西南北2009年12月25日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年12月25日付け […]
  • 選挙人登録・更新に注意2004年4月24日 選挙人登録・更新に注意 4月24日(土)  【アゴーラ紙二十二日】選挙専門裁判所はこのほど、選挙人登録の更新および新規作成の締切日は五月五日で、今年の選挙に向けた準備を整えるよう有権者に呼びかけている。 […]
  • 子供の事故に要注意=NGO団体が呼びかけ2007年10月6日 子供の事故に要注意=NGO団体が呼びかけ ニッケイ新聞 2007年10月6日付け […]