ホーム | 日系社会ニュース | 人気の的「釣鐘草」=アフロード花祭り=25日から=ずらり〃自信作〃「驚異です」

人気の的「釣鐘草」=アフロード花祭り=25日から=ずらり〃自信作〃「驚異です」

2007年8月7日付け

 AFLORD(ヅトラ地方花卉生産者協会=林広高会長)は、二十五、二十六日、九月一、二、七、八、九日の七日間、恒例の第十六回「EXPO・AFLORD」―花と日本文化の祭り―を、アルジャー市PL通り四・五キロの展示会場で催す。テーマは「ブラジルの驚異」。昨年実績の四万人以上の人出を見込んでいる。開場は各日午前八時半~午後六時。
 林会長、安武誠相談役、新谷幸雄相談役が、二日午後案内したところによると、現在協会の会員は七十人、その全員が花の展示、即売に参加する。もっとも趣向をこらした展示ボックスは十四。三人は「多彩で豪華です」と言い切った。立体花壇は観客をきっと満足させるはず、と自信を示した。花のノヴィダーデは「釣鐘草」(つりがねそう)と本格的な盆栽。釣鐘草は、量産態勢が確立し、いま人気の的。
 芸能関係は、パラグァイから「沢崎の太鼓」グループが踊り手をともなってやって来る。また九月二日には、ミス・プリマベイラ選出会が、ラジオ日系の主導で行われる。候補者は約二十人だ。
 「食」のほうは、アルジャー婦人会はじめ、サンパウロの諸団体が競って出店する模様。
 入場料は、一般十二レアル(前売り十)、六十歳以上と学生六、八歳以下無料、二十人以上の団体割引がある。前売り券購入はアベ・ツリズモ(電話3107・0100)、金沢製菓店、永田昌一さん(電話5666・8464)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福岡=世界中から「郷土愛」持ち寄る=第10回県人会世界大会=(下)=パラグアイ日系人女性の願い2019年11月26日 福岡=世界中から「郷土愛」持ち寄る=第10回県人会世界大会=(下)=パラグアイ日系人女性の願い  大会2日目(11月7日)、各県人会の代表者は会議に出席し、ほか190人の海外からの参加者は宗像大社辺津宮(へつぐう)の観光視察に向かった。宗像大社は4世紀から国家的な祭祀が行われていて、東洋からの交易品が多数出土している。その歴史的な価値を認められ、2017年に関連する遺跡群 […]
  • 眞子さま、南米へ出発=移住80周年式典で挨拶2016年9月7日 眞子さま、南米へ出発=移住80周年式典で挨拶  【共同】秋篠宮家の長女眞子さまは6日、南米のパラグアイを公式訪問するため、民間機で羽田を出発された。日本人の移住80周年記念式典などに出席し、16日に帰国する。  宮内庁によると、眞子さまは現地時間9日の記念式典であいさつするほか、代表的な移住地を訪ねて日系人と交流する。世 […]
  • 眞子さま南米から帰国=移住80周年式典に出席2016年9月17日 眞子さま南米から帰国=移住80周年式典に出席  【共同】日本人の移住80周年記念式典などに出席するため、南米のパラグアイを訪問していた秋篠宮家の長女眞子さまは16日、羽田着の民間機で帰国された。  6日に出発した眞子さまは、パラグアイの首都アスンシオン近郊で現地時間の9日に開かれた式典に出席。「移住者が多くの困難を勤勉、 […]
  • トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長2016年7月16日 トヨタ=新型エティオスを輸出開始=南米で4カ国目ペルーへ=国内販売に加え輸出も伸長  ブラジルを製造拠点として、中南米カリブ地域への市場進出に攻勢を強めるトヨタ自動車。今年、4月に販売開始となった新型「エティオス2017」のペルーへの輸出開始を記念して、今月12日、同車種の製造拠点であるソロカバ工場で記念式典を行った。ブラジルから南米地域への輸出は、13年アル […]
  • CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人2016年7月20日 CKC=日系農協と進出企業の連携を=食品企業招き商談の場に=南米各国から過去最多70人  中央開発コーポレーション(以下CKC、本社・東京)は12日、サンパウロ市の宮城県人会館で「第1回日系農業者団体連携強化会議」を行った。これは日本農林水産省による「中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環で、来年度までの5年間実施されているもの。ブラジル各地を始めパラグアイ、ボ […]