ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月22日付け

 リベイロン・プレト市で、三万羽の〃野性の〃鳩を市民が集まる教会の広場から駆逐したというニュースがあった。花火とサーチライトによって、というから二度と来ないようにできたか否かは疑問である▼それにしても、人間は勝手なものだ。羽数が少なくて仇(あだ)をしないときは、教会なり神社に集まってくれば「かわいい鳩ちゃん」、多過ぎて煩わしくなれば「憎い鳩め」になる。リ・プレトでは、糞害で脳膜炎に罹病する人が市民に出てきたので、駆逐したとあったが、憎き鳥はサルモネラ菌の保有者でもあるそうだ▼糞は強アルカリで付着すると、そのものを劣化させる。身近なことをいえば、街を歩いているとき、上方の電線から「ぺたッ」と異様なものが降ってきて、クリーニングしたばかりの衣服に付けば、被害者の気持ちはけっして穏やかではない▼鳩の有用さは、いくつか挙げられている。仕草がかわいいのでペット的存在、伝書の役割を忠実に果たす、さらに大気汚染のモニター役など。日本の神社などでは、みやげ物の鳩玩具、鳩菓子、さらに病気治療にご利益がある、などアプロベイタして、恥じるところ?がない。病気にご利益なんか「知ってる?、サルモネア菌がいっぱい!」と一言きけば、「えッ」と目が覚めるだろうに…▼そして、増えれば駆逐や駆除。実に勝手なものだ。人間社会も少子化を何とかしよう、といっている内は平和なのかもしれない。多くなると問題が起きるのは歴史が教えている。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」2020年10月7日 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」  国立気象観測所(Inmet)は6日、ブラジルでは猛暑のため、「熱中症で亡くなる人が出る可能性がある」と警鐘を鳴らした。6日付現地サイトが報じている。  9月30日、10月1日の2日連続で観測史上2位の37・1度を記録したサンパウロ市を始め、春先なのに全国的に記録的な暑さが続 […]
  • 東西南北2011年4月19日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年4月19日付け […]
  • TVブラジル、世界へ発信2010年3月9日 TVブラジル、世界へ発信 ニッケイ新聞 2010年3月9日付け […]
  • コラム オーリャ!2013年10月15日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年10月15日  「戦いはまだ終わらないよ」。『闇の一日』を監督した奥原マリオさんは、真相究明委員会が戦中戦後の日本移民迫害に対して謝罪したことに関する取材中、一度も笑顔を見せなかった。「確かに大きな一歩だけど、これからどうしていくかを考えていかないと」。 […]
  • 刑務所を出れるならとモニター装置装着をのんだヴァカリ・ネット被告(下院のPB議会調査委員会にて、Marcelo Camargo/Agência Brasil 15/04/2015)2015年5月1日 LJの企業家9人が自宅に=最高裁が条件付で認可=供述得るのに支障となるか=ドゥッケ被告の釈放は拒否  最高裁が4月28日、14年11月のラヴァ・ジャット作戦(LJ)第7弾で逮捕後、一時拘留が続いていた企業家9人への人身保護令適用を認め、4月29日に全員がパラナ州を後にしたと4月29、30日付伯字紙が報じた。 一時拘留で逮捕されたLJ関係者は企業家や闇ブローカー、政治家、ロ […]