樹海

 日本祭りは今年も盛況だった。そぞろ歩きを楽しみながら、日本で独自の進化をしていると思っているものが、若いブラジル人の関心を大いに集めていることを目の当たりにし、感じ入った。一昔前の流行りがようやくブラジルにーと印象もあったのだが、日本でも一部にしか知られてない漫画がポ語翻訳されていたり、ゲームも日本と同様の形態で行われていたりと、同時進行で行われているようだ▼食の多様化も進んでいるようで、普段は、やきそば、寿司一辺倒に見える日本食も、レストランなどでは食べられない様々な郷土食が売り切れるなど、日本祭り内に限っては市民権を得ているようだ。そろそろお好み焼きの専門店ができてもよさそうな気がするがどうか▼日本文化、と一口にいえなくなった同祭で、本紙は静岡新聞と『富士山写真展』を開催した。歴史的に見ても、日本人を形づくってきたシンボルとしても、これほど直球な日本文化もないだけに反応が気になったのだが、なかなかの好評だった。モンテ・フジと名前は知られているものの、実際に見た人は少ないようで、山を愛でるという感覚も新鮮だったようだ。「詳しい資料はないのか」「どこで見れるのか」などと問い合わせる来場者も多く、正統な日本文化もさらに伝えるべきだと実感した▼開催期間中、サンベルナルド・ド・カンポ市でブラジル太鼓選手権大会が開かれた。同じ日にぶつけることも多様化を感じさせるが、太鼓も伝統的なものだ。28団体400人が参加し、汗の涙と熱気みなぎる大会だったようだ。新旧日本文化が、変容、混在するのも、ブラジルらしくていい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》2017年12月13日 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》  日本文化の継承・普及戦略の粗筋を考えるにあたって、日本に関するポ語情報をSNSやインターネット、書籍などの形で大量にばら撒いて若い世代を幅広く惹きつけるのを「序」(空中戦)、ジャパン・ハウスや日本語学校、日本文化講座などの施設で実際に対面しながら学んでもらうのを「破」 […]
  • 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!2017年7月11日 《ブラジル》裏方の皆さん、日本祭りお疲れさま!  「今年も日本祭り、お疲れさま!」――土曜午前10時過ぎ、サンパウロ市のジャパグアラ駅外の無料バス乗り場は、すでに30分待ち。会場の混み具合からしても、間違いなく例年以上の人出だ。その対応で、朝から晩まで働いた各県人会の婦人部や青年部始め、日系団体や企業の皆さん、県連役 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を2016年10月21日 日本移民110周年は目前だ! (連載4/終)=県連日本祭りで記念式典を  移民110周年は地方日系団体にとってだけでなく、聖市にとっても重要な機会だ。中でも県連には今も「日本文化を残そう」「日本との強い絆を」という強い意気込みがある。そのシンボルが、地元主催としては世界最大規模の日本をテーマにした大イベント「県連日本祭り」だ▼欧米で行われるマン […]
  • アナさん(HOOPP Studio)2015年6月25日 和食弁当ブームの兆し?  最近、日本文化の一つとして「弁当」を紹介するポ語サイトを度々見かけるようになった。今年は聖市で可愛いキャラクターをあしらった「キャラ弁」のワークショップまで開かれ、新たな和食文化として弁当が注目を浴びつつあるようだ。「寿司・刺身、焼きそば」という定番日本食が定着し、日本食 […]
  • ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り2015年3月5日 ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り  先週末にあったミナス日本祭り。取材には出向かなかったが、プログラムを見ると、アニメケ(主題歌のカラオケ)、コスプレ大会、J―ポップダンスと、ポップカルチャー系が中々充実していた。公式サイトに掲載された写真の比率を見ても、半数程度が非日系のコスプレ姿で埋めつくされていて、同 […]