ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月19日

 「パステル」の起源として前回、中国系移民から広がったという説を紹介したが、ミナス州イタジュバ在住の河合五十一さん(101、愛知)から先日来た手紙を読んでいたら「1941年に移転、パステス作りをしたら大当たりで、縄跳びなどしてみせたので町一番の人気者になりました」とあった。河合さんは08年4月の県連故郷巡りの時も、当時96歳で縄跳び、腕立て伏せを披露して、みなを驚かせていた▼早速ネットで調べると河合さんの記事(09年9月23日)がイタジュバ・ノチシアス社サイトに出ていた。同地メルカード・ムニシパルにあるそのパステラリアは今も家族が続けており、この5月で創業なんと72年! 現存する最古の同種店の一つだ▼その記事で妻シズコさんが答え、「バストスに住んでいた時に、母がある日本人からパステルの作り方を教わった」とある。しかも41年に河合夫妻が同町に来た時、「ここには(皮の部分が)ミーリョのパステルしかなかったので、私達のは小麦粉だったのでノビダーデだった」と回想している。戦前のバストスの話が出てきて、ポルトガル系、イタリア系が大半だった同町にミーリョのパステルが元々あったとなると、中国移民起源説には疑問が生まれる▼河合さんの手紙の中ほどには「これが小生最後の便りとなるでせう」とあるのを読み、とても寂しく感じた。でも最後には「次の故郷巡りで小生を思い出す女性が居られたら、『今も健康であり、顔にはシワも出てない』と言ふて下さい」とあった。この気の〃若さ〃こそ、長寿健康の秘訣に違いないと納得した。 (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • 愛でる、愛しむ、愛しむ2019年10月10日 愛でる、愛しむ、愛しむ  昔読んだ、老人ホームの人達と鹿の心温まる話を思い出させる記事に、最近出会った。一つは手術を受けて入院中の7歳児の回復を促すために雌馬を病院に連れてきた話で、もう一つは刑務所で服役中の女性達が、羊を飼う事で様々な変化を見せ始めたという話だ▼鹿の件は、老人ホームの人達が、繰り返し […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?2019年10月4日 ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?  「全くもって、意味も狙いもわからない」。コラム子がそう言わずにいられないのが、元検察庁長官(2013~17年)のロドリゴ・ジャノー氏の自叙伝「ナーダ・メーノス・ケ・トゥード」だ▼9月下旬発売と言われつつ、まだ書店では見ないが、少なくともPDF版がマスコミには一斉に流れ […]