ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年4月14日付け

 ゴルゴタの丘での受難・ユダ打ち・復活というー哀しみ、復讐と歓喜の3日がすぎ秋色がいっそう深くなる。本来は陰鬱な冬が終わり動物や植物が緑の再生する新春を祝うのとキリストの復活が結びついたものとされるし、英語の「イースター(パスコア)」は、春の女神を意味する古い英語が語源であるからーやはり緑が萌え爽やかな風の春の祭事と見たい▼聖週間は肉食を避け食卓には魚料理が並ぶ。まあ、鰯や鯖の庶民派でもいいのだろうけれども、本格派はバカリャウである。あの塩に漬けて干した鱈の料理法はいっぱいあり多彩な味を誇る。若い頃にポルトガルに留学した知友によると、あの国では365日を塩鱈の調理だけで過ごせるそうだから凄いに尽きる。あれにはオリーブ油が欠かせないとも▼さて昔の日本移民たちはどうであったのだろう。古猿組は「大きいのを1匹買ってよく茶漬けにした」と語るが、オリーブ油たっぷりの西洋風は無かったらしい。それにしても、塩鮭の郷愁に駆られながらのお茶漬けとは、まったくもって珍妙で見事な思いつきである。恐らくピンガの晩酌?もやったに違いないが、あの塩っぱさは強い酒の肴にはぴったりである▼山形や新潟の山奥には「棒だら煮」があり、お盆や正月のお膳に乗せる。厳寒に真鱈を開き干した乾物であり、5日も6日も水に漬けて柔らかくし醤油と味醂や酒で味付けしたもので極上の美味だそうだが、冬の雪深い山家の炉辺で純米酒のぐい呑みを傾けながら薄い茶色に煮詰めた鱈の一口は舌が蕩けるだろうなーとの夢がしきりのこの頃である。 (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■川田敏之さん2019年2月26日 ■訃報■川田敏之さん  アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。  長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。  87年設立 […]
  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選2016年7月22日 ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 土手すべり落ちしは太き穴まどい棉摘み賃ピンガ呑むなと払いやる曳いて来し蜘蛛置いて穴掘る地蜂蟇を呑む蛇の口元蠅たかり露寒し削がれし耳の又疼く木菟鳴くや酒気なければ物不言ず […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]