ホーム | コラム | 樹海 | すたれゆく県人会の伝統芸能

すたれゆく県人会の伝統芸能

 「他の県じゃ、芸能団を連れてきてこちらの人に見せるわけでしょ。でもうちらは、こちらのものを県の人に見てもらえるんだからね」。ある式典で、沖縄県人会の関係者が誇らしげに語っていた。確かに、多くの県人会が活動目的に「母県の伝統文化を継承する」と謳ってはいるものの、そうした活動のある県人会は少ない。別格である「芸能の島」沖縄は、ブラジルにしっかり根付いている▼本紙の過去記事を見ても過去はさておき、現在活動しているところは少ない。とはいえ、1982年に始まった鳥取県人会の傘踊りは有名だ。各地で披露もし、母県との交流も行っている。継続して活動している伝統芸能といっていいだろう。末永く続いてほしいと思う▼山形・花笠踊り、新潟・佐渡おけさ、島根・銭太鼓なども、かつては活動をしていたが現在、練習などで集うことはないという。長崎・蛇踊りなど何らかのイベントなどに向けて準備はする県人会はあるのだろうが、定期的な集まりはない。もちろん、舞踊団体や太鼓などで伝統芸能は継承されているが県人会主体でいえば―という話である▼そのなかでも異彩を放つのが、広島・ブラジル神楽保存会ではなかろうか。日本国外で唯一の神楽団で、ブラジル各地で公演を行っている。一度は途絶えたものの05年から二、三世が中心になり非日系人メンバーもいる。今月25日、創立60周年を祝い、地元広島からの神楽団が舞う。当地メンバーとの競演もあるようで今後の活動の弾みになってほしい。継続の励みになるのは観客の拍手だ。文協大講堂で25日午後3時から。是非足を運んで欲しい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]