ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月24日付け

 保健省の最近の発表によれば、ブラジル人男性の二七・七%(四人に一人強)が酒に溺れている。現代語でいうアルコール依存症か、それに近い人の比率をいったのだと思われる。一方で、女性を含めての数字だろうが、六六%がアルコール飲料を口にしない、と回答している▼アルコール依存症患者(あえて患者といおう)は、ピンガやウイスキーをダブル六杯かビール大瓶六本、日本酒なら五合半(約一リットル)以上を毎日習慣的に飲む人をいう。自己制御が効かなくなり、飲めばどうなるかを知っているにもかかわらず飲む。他罰的、攻撃的、自己中心的になり、家族に迷惑をかけ、事件を引き起こして人間としての信用を失う。肝臓がやられ、肺に水がたまったりして、死に至る▼当局は、こうしたリスク(危険)を防止するため、さまざまキャンペーンをしてくれる。酒製造会社は、テレビ宣伝やスポーツ大会のスポンサーになるのを自粛する。ただ、こうしたからといって、依存症が顕著に減るとは思えない。最も大切なのは、酒愛好者の節度、意思であるのはいうまでもない▼NHKの紅白歌合戦に四回も出場したことがある演歌歌手、牧村三枝子さん(54)が、五年前、依存症になり、医師に余命五年と宣告されたあと、三年前〃生還〃した。友人の励ましと自身の強固な意思が押した。「大変な病気だが、諦めなければ元気になれる」と同じ病気の人に伝えている▼「ブラジル人四人に一人」にならないのが一番だが。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第82話2020年11月27日 中島宏著『クリスト・レイ』第82話  上塚が新たに植民地を創設するという話があちこちの地方の日本人移民たちに伝わると、多くの希望者たちが競うようにして集まって来た。その中には、今村の隠れキリシタンの人々も含まれていた。前述したように、この時点での移民たちは、まだ余裕などなく、分譲地であるにしても、それを即金で払え […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第76話2020年11月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第76話  やっと手に入っても、満足するような量はなく、おまけにその価格は驚くほど高いものであった。しかし、背に腹は代えられず、とにかく入手できるものはすべて購入し、マラリアに罹った人々に与えた。それによって小康状態を保ち、徐々に回復して行く人々もいたが、それでも犠牲者の増加は後を絶たず […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)2020年9月19日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(8)  のちに日本新聞を始める翁長助成(おながすけなり)は、日伯新聞の主筆をやった時代がある。翁長と親交の深かった河合武夫は「モッカの場末のポロン(地下室)ではグーデンベルグが創始した頃のような手刷りの印刷機で双肌脱いだ元気の若い彼(翁長)が、気合諸共エイッと一枚ずつ刷る。十 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)2020年5月8日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(249)  ほんの少しの暇があれば、浜辺にいける。宿直がない水曜日か木曜日の夜、サントスのヴィラ・ベルミロ球場まで足を延ばしサッカーの試合が見られるかもしれない。チームにはジット、ラエルシ、フォルミガ、ペペ、パゴゴアンなどの名選手がそろっていた。また、ペレーとかいうおかしな名前の少年が頭 […]
  • わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)2020年4月14日 わが体験的感冒予防法=サンパウロ州アルミニオ市在住 塩見岳人(しおみがくんど)  「二十年以上風邪をひかないんですよ」と言うと、人の反応はさまざまである。信じる人、信じない人に分かれるのだが、信じるにしても素直には信じない。あるいは、――自慢しているナ、もしかしたら嘘かも知れない――と思われて話がシラけてしまう。  「ほう」と言ってニヤニヤして私 […]