ホーム | 日系社会ニュース | 250人で1千本植えた=パラグアイ、イグアスー移住地=入植記念の植樹

250人で1千本植えた=パラグアイ、イグアスー移住地=入植記念の植樹

2007年8月28日付け

 【イグアスー発】入植四十六年目となった二十二日、パラグアイのイグアスー移住地は新しい門出を記録した。日本人会(公文義雄会長・高知県)の会員が、家族や友人などと一緒にラパーチョ(学名Tabebuia alba)、パラナ松(Araucaria angustifolia)、ローロネグロ(Cordia trichotoma)、インガ(Inga uruguensis)など移住地の気候に合う九種類一千本の植林を行い、暫定的名称「イグアスー日本人会の森」を誕生させた。
 植林に参加した独立行政法人・国際協力機構(JICA)パラグアイ事務所の岡部近男次長が「地球温暖化問題がクローズアップされている中で、イグアスーの皆さんのこのような行動を世界に発信して欲しい」と述べたほど大きな意味を持つ行動の始まりとなった。
 日本語学校は堤和子校長(青森県)はじめ教員全員が中学生と高等学生を引率して参加した。移住地に研修に来ている東京農大の学生たちも横田善則先輩(パラグアイ東京農大会会長)と一緒に参加した。JICAから派遣されてきている日系社会青年ボランティアも参加した。当日は雲ひとつない晴天となり、寒さもゆるみ、自然環境が格好の植林日和を提供してくれた。
 「来年からは植林を日本人会の事業計画に含めたい」と参加者を前に表明したのは公文会長。同会長の説明によると、イグアスー日本人会は二〇〇六年から日本経団連自然保護基金(本部・東京)の助成を受けて植林を実施してきている。これまでに、交流の森、鶴寿の森(イグアスー老人会)、寿会の森(アスンシオン老人会)、子供の森、青年の森、友情の森、太鼓の森、岩手の森、経団連の森、が誕生して、植えられた苗木は堅実に育っている。去る四月下旬、《育苗センター》落成式の出席者が全員で記念植樹を行った。この場所が〃経団連の森〃と命名された。
 昨年十二月には日本人会の中に環境保護委員会(篠藤菊雄委員長・愛媛県)が設立されて委員七名体制で育苗センターや森の管理が行われている。
 二十二日の入植記念日の植林予定地、約二ヘクタール、の整備、穴掘り、目印となる棒(竹を活用)、樹種の選定、苗木の運搬、名札の手配、植林後の潅水、さらには植林後の育苗センター敷地での参加者同士の交流会、の手配一切を環境保護委員会が担当した。名札はイグアスー太鼓工房に委託して作った。参加者それぞれが名前やメッセージを書いて自分が植えた苗木の横に立てた。交流会のための食べ物は婦人部員の手で作られた。苗木のほとんどは自前の育苗センターで育てられたものだったが、一部をウルグアイ人育苗家から購入した。
 日本人会長と環境保護委員長連署の〃植林証明書〃が一人ひとりに手渡され入植記念植樹が終了した。イグアスー移住地での〃美しい森づくり〃はますます好調だ。これこそ〃どんど晴れ〃の行動に違いない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?2020年6月3日 らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?  【らぷらた報知5月21日号】アルゼンチンメルコスール議会は、アマゾンを始め、パラナ川、イグアス川、ウルグアイ川、パラグアイ川の「水と環境の非常事態」を宣言するよう地域ブロックの国々に要請した。  これはパラグアイとアマゾン周辺地域の森林破壊によりおこるもので、現在行 […]
  • 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める2018年3月28日 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める  連邦警察のデータによると、2017年にブラジルを訪れた観光客は658万8770人に及び、W杯があった2014年の642万9852人や、五輪年の2016年(654万6696人)を上回った。 […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=972015年6月13日 パナマを越えて=本間剛夫=97  待つほどでもなく二人の若い女性が姿を見せ、一人が自分はパウリーナと名乗り、同伴の女性をターニアと紹介した。大使館の中には昼食時で誰もいない。私は面接室に二人を招いて向かい合った。パウリーナはドイツ人といいながら流暢なスペイン語を話した。二人ともアルゼンチン生まれのドイツ系 […]
  • クリチバ市を訪れた観光客(Valdecir Galor/SMCS)2014年7月4日 イグアス=外国人観光客が増える=上半期は12%増の19万人  W杯開催に合わせて記念公園をという計画の実行が遅れている(遠のいている?)ブラジルだが、W杯の影響もあり、上半期にイグアスの滝国立公園を訪れた外国人観光客は昨年同期比12%増となる18万9373人を記録した。 パラナ州西部にあるイグアスの滝国立公園は世界的にも知られる観光 […]