ホーム | 日系社会ニュース | N・B射撃協会=23回目の大会

N・B射撃協会=23回目の大会

2007年8月28日付け

 ノーバ・バンデイランテ射撃協会(山本恒夫会長)は、九月二日午前八時から、文協ビル展示室で第二十三回射撃大会(X大会)を催す。これまでの大会の参加者はおよそ六百人。あと今年十月、十一月にのこす二大会の結果を含めた上位百人が、来年の移民百周年祭典の競技大会をめざして、第二次予選を戦うことになる。
 大会会場でOSKのコンサルタント小田俊勝さんが、銃器の再登録に関して手続きの無料相談を行う。不法所持を摘発されると、罰金や拘置の罰があるので、未登録者はかならず行うようすすめている。

image_print

こちらの記事もどうぞ