ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年9月21日付け

 さきごろ作品選考が終わった第四回海外日系文芸祭の入選者をみて、学生の部」に関心を持った。海外については、アメリカに次いでパラグァイの入選者が多かったからである▼アメリカの場合は、どうやら「日本語学校」でなく「日本人学校」の生徒たちの応募者が比較的多く、入選も多かったように見受ける。ところが、パラグァイは、校名、地域をみると、明らかに「日本語学校」の子供たちが短歌、俳句を、課外かどうか分からないが、勉強し、成果をあげている▼日本語学校数、日本語を学ぶ生徒総数からいえば、ブラジルはパラグァイとは、比較にならないほど多いに違いない。にもかかわらず、おそらく応募数も少なかったのであろう、入選者も僅少であった。それも非日系人の名であった▼ここは、やはりブラジルの日本語学校ではあまり俳句、短歌を日頃指導していない、とみるほかはないようだ。日本語教育のあり方を言っているのではない。指導しなくても、日本語教育はすすむ。ただ、課外でもいいから取り組めば、少なくとも「日本語の幅」が広がる。途中で止めても、日本語文芸にはこうした分野もあるのだ、といった記憶や知識は残るだろう▼コロニアの一部の俳誌主宰者に「こども俳句」を指導し、発表の場を提供している人がいる。しかし、参加者は少数だ。日本語学校で指導を行うには、教師がまずその気にならなくては出発がない。時間的な余裕と関心が持てたら、まず遊びで始めてみたらいかが。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」2020年5月29日 歌手=中平マリコさんからメッセージ=「コロナで南米訪問できず残念」  16年間、毎年4ヵ月前後もブラジル、パラグアイの日系集団地などを回ってコンサートを開催し、日本の歌を届けてきた歌手・中平マリコさん。今年はコロナウイルスのために南米訪問が不可能になった。17年ぶりに過ごす日本の夏、母と過ごす時間、日系社会への想いを綴ってくれた。(編集部) […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ2020年1月18日 特別寄稿=『移民と日本人』を読んで=サンパウロ市在住  中田みちよ  『移民と日本人』、久しぶりに一気に読みました。  それほど目新しいハナシなのかというと、私の乱読の余録もあって、それほどでもありません。深沢さんは記者ですから、すでに紙上で発表されている記事も多く、それ自体は既知項目。ただし、もう少し知りたかった次の場面が掘り下げら […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]