ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年1月24日付け

 あの銀白色の腹と数条の濃青色の腺が走る活きのいいカツオが魚屋に並ぶのは12月のことが多い。素堂の名句「目に青葉山ほととぎす初鰹」のように日本でも夏のものであり、江戸っ子も大好きだった。鎌倉沖で獲れたのを夜を徹して深川の魚河岸に運び大名や豪商らが買い求めたのだが、値段は途方もなく高い。そこで川柳は「目と耳はただだが口は銭がいり」と辛辣である▼文化9年(1812年)、江戸の魚河岸に鎌倉鰹が入荷したときに歌舞伎の中村歌右衛門は1本を3両で買い求め部屋役者に振舞ったの記録が残っているが、あの頃、女中さんの1年の給料が1両2分ほどだから—こんなに高くてはとてものほどに庶民の口には遠い。それでもか、女房を質に入れてもカツオを買え—と囃たてるののが江戸っ子らの粋なのである▼鰹といえば、1本釣りが日本の得意技であり、子どもの頃—先の津波で多くの市民を失った気仙沼港(鰹の水揚げが多い)で夕方などに鰹釣船の甲板に陣取った若い漁師が直径30センチ、深さも同じくらいの桶を釣り竿につけ海に投げ入れての稽古を見たが、この荒業で10〜20秒間に1本釣ると聞かされびっくり仰天した。だから漁船には釣り手が40人も乗り込んでの大仕事である▼尤も、今は網漁が盛んになり、1本釣りは減っているという。と、こんな話を綴っているのも、一昨年はどうしたわけか、さっぱり見かけなかったカツオが先頃の朝市で新鮮なのが5〜6本あり、日系の女将さんに「冷凍物か」と訊くと「フレスコ」とのことで5キロほどのを求め早速に刺身にし、美味満足の口福を楽しんだ。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]