ホーム | コラム | 樹海 | 日本など外国に未申告の資産がある人は要注意

日本など外国に未申告の資産がある人は要注意

R法を使った場合(上)と使わなかった場合の比較(EXAME誌1月19日付電子版より)

R法を使った場合(上)と使わなかった場合の比較(EXAME誌1月19日付電子版より)

 連邦税務局(RF)に未申告の預金を日本の銀行に持っていたり、日本で遺産相続した土地や家屋、車、証券などが未申告になっている人はいないだろうか。企業の場合も同様だ。ブラジル在住者(駐在員も含む)で、当地で確定申告(IR)をしている人なら、みな関係する。未申告の資産が外国にある場合、4月4日から申請開始となる「レパトリアソン法(以下R法)」(正式名称RERCT)に要注意だ▼2014年12月31日時点で外国に、連邦税務局に未申告の資産(現金、預金、株式、証券、土地など)を持つブラジル在住者に対し、割安で合法化するR法を、ジウマ大統領は1月13日に署名した。これは、連邦税務局に申告を怠ってきた税法上の刑罰を免除し、総額の30%(所得税15%+罰金15%)を支払うことで合法化するものだ▼連邦政府は、この税収を210億レアルと見積もっており、財源が大幅に不足する現在、この大型臨時収入に期待を寄せている。レパトリアソン(帰国)法という名前が示している通り、外国にこっそり流出していた資金を、再び国内の税制下で管理するための法律だ。昨年から話題のクーニャ下院議長のスイス秘密口座のお金が真っ先にイメージされるが、同法条文を読めば、違法資金にR法は適用されないし、連邦上議や下議、政府組織管理職は適応外とある。とはいえ現実的にその境目はかなり曖昧かもしれない。なお、R法適用後も、資産は国外に置き続けられる▼EXAME誌1月19日付電子版によれば、R法を利用した場合、次のような利点がある。100万ドルの未申告資産を14年末時点で外国に所有していた場合、その時のドルレート(2・65レ)で換算(265万6千レ)するので、現在のレート(1月18日時点で約4レ、403万6千レ)より大幅に安くなる。税金15%と罰金15%の合計は14年末レートなら合計79万6830レアルで、1月のレートで換算すれば実質19・74%を払えば済むことになる▼とはいえ「申告していなかっただけで約20%も払うのか?」との疑問が湧くかもしれない。でもR法を使わなければ、100万ドルを1月時点で換算した403万6千レアルに所得税が27・5%(111万レ)もかかり、加えて所得税額の75%もの罰金(83万レ)がかかる。さらに、この罰金には5年前にさかのぼった基本金利がかかるので、利子だけで377万レ。つまり合計で377万レも支払う必要があり、これは100万ドルの93・44%に相当する―と同誌は伝える。つまり、R法を使わない場合、ほぼ全額が税金や罰金とその利息で持っていかれるという衝撃の事実だ▼R法の細則はRFが「Instrução Normativa nº 1.627/2016」として15日に公開した。申告プログラムは4月4日からRFサイトに公表される。今年10月31日までが申告期限だ。なお税金・罰金の分割払いはない。初めての法律であり、誰も実際のところが分からない部分がある▼RFは「今回R法申告した内容が、数年後に現実とは違うと分かった場合、R法適用から除外し、厳格な罰金を科す」とする。伯米間の税務当局は今年9月から預金等の情報が筒抜けになる。日本ではマイナンバー制度が昨年から始まり、18年頃には銀行口座にもつながるとの話がある。実際よりも少ない金額でR法申請したら、その時に筒抜けになる可能性があるワケだ。関係ある人はこの件に詳しい会計士に相談するのが良さそうだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • クリントン財団とインスティツート・ルーラの不思議な共通点2016年11月18日 クリントン財団とインスティツート・ルーラの不思議な共通点  トランプ勝利を昨年から予言していたジャーナリストに元NHK記者の木村太郎がいる。出演した番組で「なぜトランプが勝つと思ったのか?」と尋ねられ、彼は「民主党が8年間やったから、米国の慣例で次は共和党になると思った。単純でしょ。あとヒラリーは汚職、不正がひどすぎるから」と答え […]
  • 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」2016年6月11日 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」  有名なテレビ番組司会者マルセロ・タスは6日朝、CBNラジオで「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」と叫んだ。これは、日本中はおろか伯国でも連日報道されていた田野岡大和君の件だ。ブラジル人は日本人にどんなイメージを持ち、この事件から何を考えたのか?▼ […]