ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月13日

 日本の憲法はGHQの「押し付け論」に始まり、あの前文は「日本語ではない」と昔から批判が多い。第9条の戦争放棄は、諸悪の元凶と決め付ける厳しい論客もいる。こうした改憲論は宰相吉田茂氏の講和条約締結の頃からあり、岸信介首相も改憲論者だし、自由民主党の綱領にも「憲法改正」の条項が盛り込まれている。だがー実際に改 正を目指しても、第96条の難関があり、実現は難しい▼ここには、憲法を改正するには衆参議員の「3分の2以上」の賛成で発議できるとしてある。これを受けて国民投票が行われ「イエス」か「ノー」が問われるのだが、どうやら今国会に自民党から改正を問う法案が提出される公算が強くなってきた。自民の憲法改正委員会の保利代表が言及し、安倍首相も意欲を燃やしており、夏の参院選挙の結果にもよるが、改正へと大きく進んだと見ていいのではないか▼改正案は「3分の2」を「過半数」にすることであり、国民投票については第一次安倍内閣で「憲法改正国民投票法」を制定しており、夢とされてきた憲法改正をやっと手にすることができるようになることを期待したい。勿論、この改正提案は、自民党単独では議員数などの関係で無理があるが、維新の会の橋本徹代表が首相と会談し「改正に賛成」しているし、石原慎太郎代表も改正派の指導者である▼唯、連立の公明党は消極的な姿勢だが、賛成派もいるし大きな流れとしては改正へと進むに相違ない。国民の意識も世論調査によると「改憲派」が圧倒的であるし、GHQ憲法の見直しが問われる時代を迎えたの認識を更に強くしたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]