ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルには国を憂うる国士はいないのか

ブラジルには国を憂うる国士はいないのか

連邦議会の倫理委員会で政敵を指刺しながら、真っ赤になって激論する様子。この調子で、国全体の問題も論じてくれればいいのだが…(Foto: Lucio Bernardo Junior/Câmara dos Deputados)

連邦議会の倫理委員会で政敵を指刺しながら、真っ赤になって激論する様子。この調子で、国全体の問題も論じてくれればいいのだが…(Foto: Lucio Bernardo Junior/Câmara dos Deputados)

 「連邦議員が本会議場内で殴り合いや投票機破壊まで…。彼らのうち、何人が国全体のことを考えているのか」―大統領罷免に関するドタバタを見るにつけ、暗澹たる気分になる。個人や党の利害の対立ばかりが先立ち、政府は混乱を収集する力を持たない▼先週土曜(5日)付の本紙2、3面の見開きは実に対照的な内容だった。2面は大統領罷免に関わるドタバタ騒ぎの記事。対する3面には、戊辰戦争で最後まで抵抗した庄内藩に対する武士道をわきまえた西郷隆盛による対処、「戦いは勝てばもうそれでいい。あとは同じ日本人、新しい日本を作る同志じゃないか」と敵すらも感動させた逸話が掲載された▼一方、今年のインフレ率は10%を超え、来年早々にも基本金利をもう一段階上げる機運だ。経済成長率はマイナス約3・5%、失業率は急上昇中だ。外的要因を見ても米国は利上げ基調にあり、そうなれば投資資金は北米に吸い上げられ国内は干上がる。石油価格は40ドルを割り込み、ペトロブラス再建には限りなく悪い環境だ▼伯国経済を立て直すには、まず「緊縮財政」し、続いてカンフル剤的経済政策を実施する必要がある。ところが8月以来、政府の「緊縮財政」案は一向に議会を通らない。やれクーニャ議長のスイス秘密口座だ、ジウマの罷免だと「政治問題」が起きて、議員の関心がそっちに偏ってしまい、国民に一番関係する経済立て直しが後回しにされてきた▼今もクーニャ議長の〃悪あがき〃で緊縮財政が後送りされ続けている。今のままなら、格付け会社は容赦なく投資適格から降格させるだろう。ブラジルに南洲翁のような国士は出ないものか? (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メイレーレス財相が18年大統領選の本命?2016年6月21日 メイレーレス財相が18年大統領選の本命?  トランスペトロ社のセルジオ・マシャド元総裁の司法取引証言(報奨付供述)により、毎週一人ずつの勢いで3大臣が辞任に追い込まれた。17日G1サイト電子版によれば、彼は「一般人に戻るために、人生のこの部分を消し去る。心に平安を取り戻したい」と司法取引を受け入れたという▼これを読んで […]
  • 《ブラジル》「大統領の首」より大事な問題とは何か2017年6月17日 《ブラジル》「大統領の首」より大事な問題とは何か  ジウマ/テメル・シャッパの無効化を問う裁判で現状維持の判断が出て、当面はジャノー連邦検察庁長官による大統領告発が政局の焦点になっている。これも大事だが、労働者党(PT)前政権や現テメル政権の政策自体をもっと議論すべきだと常々思う。政策の良し悪しをきちんと総括しないと、 […]
  • 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補2016年5月28日 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補  次期大統領選挙の最有力候補といわれるアエシオ・ネーベスPSDB党首の周辺が、だいぶ、きな臭い。テオリ・ザヴァスキ最高裁判事が24日、セルジオ・マッシャード元トランスペトロ総裁の司法取引証言を承認したため、同総裁とレナン上院議長との密談内容が詳細に報道されたからだ▼捜査状況を心 […]
  • なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?2016年2月27日 なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?  「ジョアン・サンターナ(ルーラ、ジウマの選挙参謀)逮捕以来、ブラジリアは完全に止まった。議会再開早々の最重要案件、社会保障改革も財政緊縮も、それどころじゃないといった感じだ」。26日朝のCBNラジオで政治評論家はあきれた様子で嘆いた▼正月はとっくに終わり、太陰暦の新年もすぎ、 […]
  • 今も隠然たる影響力を誇るルーラ前大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年7月3日 先週から大統領や周辺の言動に妙な雰囲気が…  先週からルーラやジウマ大統領及び周辺の言動がちょっとおかしい。先週月曜日にルーラは異例の労働者党批判をし、自分の人気を移し替える形で大統領にしたジウマまで指弾した。不人気のPTとジウマを批判することで距離を置いているように見せ、ルーラは大統領選再出馬の準備を進 […]