ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | PAC進捗を前向き評価=官房長官「来年に加速」=インフラ整備に深刻な遅れ

こちらの記事もどうぞ

  • 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化?2014年4月2日 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化? ニッケイ新聞 2014年4月2日  横浜市で開催された国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が終わり、3月31日に地球温暖化で社会が受ける影響と対応策についての報告書が公表された。この最新報告書には、カフェ栽培への影響など、ブラジルにも関連した項目も出て来る。 3月 […]
  • 東西南北2014年2月7日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月7日  サンパウロ州選手権での不振に欲求不満のファンが今月1日に練習場に侵入して以来、調子が更に悪化したコリンチャンスは、5日のブラガンチーノ戦も0―2と惨敗で4連敗。業を煮やしたコリンチアーノはまたもスタジアムで暴れ放題となってしまった。そんな試 […]
  • 猛暑のおかげで小売活発化=鉱動省は電力不足を再否定2014年2月5日 猛暑のおかげで小売活発化=鉱動省は電力不足を再否定 ニッケイ新聞 2014年2月5日  1月の平均気温が1943年の観測開始以来最高となる31・9度を記録したサンパウロ市では、猛暑ゆえの小売活発化がみられたと4日付フォーリャ紙が報じた。  サンパウロ市内の企業家らが加入するサンパウロ商業協会(ACSP)によると、1月の小売販売 […]
  • 米州人権委員会にブラジル人=ヴァヌッシ元長官を選出=国際機関での発言力拡大2013年6月29日 米州人権委員会にブラジル人=ヴァヌッシ元長官を選出=国際機関での発言力拡大 ニッケイ新聞 2013年6月11日  米州機構(OAS)人権委員会(IACHR)の委員3人が6日に改選され、ブラジルのパウロ・ヴァヌッシ元人権特別局長官が選出されたと7日付伯字紙が報じた。 […]
  • 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画2013年5月25日 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画 ニッケイ新聞 2013年5月25日  ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)が7月の日本祭り開催にあわせ、宮城、岩手、福島の3県から3人の被災者をまねき、『東北被災者招聘交流事業』を行う。22日の県連代表者会議で、実施主体となる国際交流委員会(本橋幹久委員長)から事業の […]