ホーム | 日系社会ニュース | 文協=立ち見が出るほどの人気=22コロニアで民族舞踊祭

文協=立ち見が出るほどの人気=22コロニアで民族舞踊祭

ニッケイ新聞 2007年10月2日付け

 ブラジル日本文化福祉協会の国際民族舞踊委員会(横溝オズワルド委員長)が主催する第三十六回国際民族舞踊祭が二十二、二十三日の両日、同大講堂で行われた。国内から二十二カ国の民族系コロニアが参加して盛大に行われ、立見客がでるほどの人気だった。
 初日は幼少の部の演舞も行われ、民族衣装をまとった子供たちが必死に踊る姿には、会場中から惜しみない拍手が巻き起こった。
 子どもの部では花柳流「なでしこ会」が一番の人気を得た。侍姿で刀を振る姿に会場のあちらこちらから「サムライ!」などといった歓声にも驚きにも似た声が上がっていた。
 開会式はブラジル国歌斉唱に始まり、多羅間俊彦副会長は「たくさんの国の音楽やダンスが、一度にこれだけ集まるのはとても意義深い」とあいさつした。横溝委員長は「これだけ多くの国が集まり、続いていることが嬉しい」と無事の開催を喜んだ。
 最後に、舞台に上がっていた各国の民族衣装に扮した参加者たちの紹介を行うと、観客者たちは自分の民族が紹介されるごとに拍手を送りアピールした。
 講堂前の大サロンではアフリカ、イタリア、ロシア、ドイツ、ウクライナ、ハンガリー、ギリシャ、日本、チェコ、ボリビア、リトアニアが各国の郷土料理や郷土品を販売していた。
 日本ブースではロジェリオ・ヒロチ・ゴイアさん(27、四世)が五年前から始めた、日本的な作品を販売していた。「友達に勧められて始めたけど、今はとても楽しい。今日は良く売れていますよ」と笑顔で話した。
 また、アフリカのブースでは数人が民族衣装に身を纏い、郷土食を販売していた。アレシャンドレさん(26)は「この機会に少しでも知ってもらえれば嬉しい」と期待を表した。
 講堂内も大サロンも来場者がぎっしり、移動に困難をきたすほど。通常なら週末は日本人や日系人で溢れかえる文協だが、この日ばかりは日系人を探すのが困難なほどだった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]
  • 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏2018年9月11日 特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=サンパウロ市在住 中島 宏  また一人、コロニア、いわゆるブラジル日系社会から、異彩を放った稀有な人物が忽然と消えた。田中慎二さんが亡くなられた。享年八十三歳であった。  一九五五年に日本からボリビアに移住、その後、一九六〇年にブラジルへ再移住し、パウリスタ新聞社に入社後、コチア産業組合の機関紙 […]
  • 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も2018年7月13日 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)は、「名護市訪問団歓迎会及び高齢者表彰」を8月5日午後7時から、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 少年の部で優勝したニッケイ・クリチーバ2015年3月11日 第7回ヤクルト杯少年・準青年野球大会 Ⅶ TAÇA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES INFANTIL E PRÉ JUNIOR心技体ともに向上=少年の部 […]
  • 長田さん(右)に賞状を手渡す稲嶺市長2014年8月21日 サンパウロ市=名護市長迎えて歓迎会=「長生きしてよかった」  南麻州カンポ・グランデ市と、ボリビアでの沖縄県民入植記念式典に合わせ来伯した稲嶺進名護市長ら5人の慶祝団を招き、ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)が15日夜、ニッケイパラセホテルで歓迎会を行なった。名護市出身者やその子弟約50人が出席し、〃名護んちゅ〃の友好を深め合った […]