ホーム | 日系社会ニュース | 山積する議題を改めて認識=選挙後初の文協評議員会=国士舘委託案は先送り=委任状含め8割出席

山積する議題を改めて認識=選挙後初の文協評議員会=国士舘委託案は先送り=委任状含め8割出席

ニッケイ新聞 2007年10月2日付け

 ブラジル文化福祉協会評議員会(渡部和夫会長)は臨時評議員会を文協小講堂で先月二十九日午前九時から開催し、百六評議委員のうち、八十五評議員(委任状二十五含む)が出席した。注目された国士舘スポーツセンターの使用権を地元日系団体に委託する件の決定は、十二月八日の定例評議員会に先送りとなった。ブラジル日本移民史料館の運営に関する議論では、長年、同館運営委員長を務めた二宮正人・評議員会副会長が「文協のお荷物というが歴史を知ってほしい」と声を荒げる場面もあった。山積した議題を評議員らに再認識してもらうような会合となった。
 理事会・評議員会選挙が行なわれた今年四月以来、初の評議員会となる今回、文協運営に関する多くの重要事項が議題に上った。
 文協がサンロッケ市に所有する国士舘スポーツセンターの一部使用権を地元日系団体に委託する件について、同センター運営委員長の栢野定雄・理事会副会長が運営方針や活性化を図る案を説明、地元団体関係者らも傍聴した。
 渡部会長は、アイデアや提案そのものには理解を示したものの「内容を書面で公開する必要があり、現段階では何も評決すべきではない」との考えを示した。
 これに対し、栢野委員長は、「議決してほしいと言っているわけではない。我々が推進していることを認めてほしい」と反駁、会場からは拍手が起こった。「『鉄は熱いうちに打て』の言葉もある。少なくとも方向性は認めるべき」との意見もあった。
 しかし、原田清評議員第一書記が「法的に準備を整える必要」を挙げ、渡部会長は「資金集めなどはまだすべきではない」と釘を刺したうえで、計画内容を書面化して提出することを条件に、十二月八日の評議員会で再討議することを提案、可決された。
 社会福祉関係事業に関しては、山下譲二理事会副会長が、四百万レアルを超える罰金が科せられているINSS問題に関し、裁判を有利かつ潤滑に運ぶ材料として、裁判所に一万三千レアルを供託していることを報告。それに関連して、中川デシオ社会福祉委員会委員長が、同会の解散を明らかにした。
 弁護士を本職とする原田書記は、「広義の意味で文協は社会福祉活動を行なってきており、法的にも守られている。断固として闘うべき」強調した。
 先日、史料館運営委員会の委員長に就任した栗原猛氏が紹介され、活性化や将来の展望についての計画案を説明した。

史料館の経緯の再認識を
 国士舘運営委員会の諸川有朋委員は、売却した旧コチア小学校にあった史料館関係の資料が国士舘に移管されたことについて、「どう取り扱うのか検討してほしい」と発言した。
 過去に十二年間も史料館運営委員長を務め、実状に詳しい二宮評議委員副会長は、一九七八年の史料館建設時にあった約一億円(当時)が駐車場建設など文協のために流用されたことなどを挙げ、「元々、史料館の運営費に充てられる約束の文協ビル六階部分の家賃収入はどうなっているのか」と強い口調で話した。
 続けて、「収入源をカットしておいて、赤字を批判されても困る。批判も大事だが、歴史を振り返ったうえで対策を練ってほしい」と執行部に対して、強い口調で注文をつけた。

地方団体との協働関係へ
 他団体との交流について、日系団体連絡委員会の桂川富夫委員長は、地方団体との協働やそれによる活性化を目的に、サンパウロ市で十二月一、二日、地方理事らを集めた討論会を開く計画を明らかにした。評議員からは「地方も大事だが、サンパウロ市内の団体との連携も重要」との指摘もあった。
 栗田クラウジオ・青年文協委員長は、九六年から続いている青年フォーラム「REVI」を十一月二日から三日間行なうとし、地方から参加する代表者には地元文協の事業として、経費を負担するなどの協力を求めた。
 白石マルセロ理事会副会長は「文協ネットは最も重要な文協の戦略」とし、年内の再構築を目指し、呉屋晴美、小林ヴィットル、秀島マルセロの三氏を委員に任命したことを発表した。
 会議は三時半にも及び、活発な意見交換が行なわれた。渡部会長は、八割の出席が見られたことに満足感を示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]