ホーム | 日系社会ニュース | 伸び悩む日本語速成塾=日語セ=教師らが打ち合わせ会=生徒獲得が今後の課題に=「まだまだこれから」=谷理事長「誇りをもって」

伸び悩む日本語速成塾=日語セ=教師らが打ち合わせ会=生徒獲得が今後の課題に=「まだまだこれから」=谷理事長「誇りをもって」

ニッケイ新聞 2007年10月17日付け

 ブラジル日本語センター(谷広海会長)は、第一回速成塾(日本就労者向け短期日本語講座)の教師打ち合わせ会を、十二日に同センターで開催した。日本語センターでは半年間で四回にわたる教師研修会を行い、六十七人の講座講師を養成したが、現在までの生徒数は二十一人。「思った以上に生徒を見つけられていない」と谷理事長は話す。いかに速成塾の意義に理解を得て生徒獲得につなげるのか―。塾開設の構想から約三年。目前の課題に、教師とセンターが取り組んでいる。
 当日は第四回速成塾教師研修会の閉講式でもあり、これから開塾しようとしている十四人の修了教師らと、これまでに研修を受けた講師ら、合わせて四十人弱が参加した。
 速成塾は、三カ月六十時間の授業でひらがな、カタカナの文字と工場や日常生活で使う簡単な会話の修得を目指す講座。センターが専用教材と独自の教授法を開発し、教師間での評判は上々だが、授業料が一千レアルとされているところで「高すぎて生徒がつかないのでは」と危惧されていた。
 会では、指導生徒を持つ教師らが体験発表を披露し、谷理事長が経営学的な観点から、講演「生徒獲得には意識改革」を行った。
 谷理事長は「良いものは高いんですよ。身につけた技術(語学力)は誰にもとられることのないものです。自分たちは高いものを売っているんだと、誇りを持っていかなくてはいけない」と訴え、日本語ができることでの出稼ぎ者にとっての利点や、言葉のできる人がより求められている現状を説明した。
 「生徒はお客様だと思ってください。自分が動いた分だけが成果となって返ってきます」と、谷理事長。「日本語ができないために惨めな思いをしている出稼ぎの姿を見てきた」と速成塾にかける思いを話し、互いに協力していこうと参加者らに呼びかけた。
 一人で四人の生徒を受け持った本田秀子教師は、体験発表で「運がよかったんです」と謙遜しつつも、「授業料は安いですって説明するんです。私、一千レアルなんて最初に言いませんよ」とコツを明かす。
 速成塾の授業料を時間あたりにすれば、十六レアル強。英語など他の語学教室に比べても安く、三回のテストや修了証発行などを考慮すれば「決して高くない」と本田教師。「いい教材があって、いきなり会話ができるようになるので、生徒も喜んでいます」と、学習効果を強調した。
 三人の生徒を受け持つ狩俣登美子教師は、自作のポスターを作ったり、修了証を教室に貼ったりしていると工夫を話し、「宣伝することが大事」。馬場康二教師は「教案を作ること、時間を守ること」とアドバイスを送っていた。
 第四回教師研修会には、アマゾナス、ゴイアス、パラナ、マット・グロッソ・ド・スルなど他州からの教師も参加。速成塾が全伯各地に広がりつつある。マナウスで指導している錦戸みどり教師は、「工場で働くために日本語を勉強している人もいますし、(速成塾を始める)生徒はいるんじゃないでしょうか」と展望を話した。
 丹羽義和事務局長は「少しずつ先生方の意識が変わってきたと思います。まだまだこれからですよ」と意気込みを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]