ホーム | 日系社会ニュース | 人文研の今昔物語=「写真で見るコロニア」=サ紙 松本記者を講師に

人文研の今昔物語=「写真で見るコロニア」=サ紙 松本記者を講師に

ニッケイ新聞 2010年4月10日付け

 サンパウロ人文科学研究所(鈴木正威所長)は、様々な角度から日系社会を読み解く企画「コロニア今昔物語」を15日午後7時から、文協ビル1階14号室(R. Sao Joaquim, 381)で開く。入場無料。
 第4回目となる今回は『肖像写真から見たコロニア』と題し、サンパウロ新聞社の松本浩治記者が講師を務める。
 10年以上の取材で撮影した選りすぐりの写真をスクリーンに映しながら、コロニアへの熱い思いを語る。
 同研究所は、「氏の写真からは移民の歴史や生活を刻む実に味わい深い表情が見られます」と多くの来場を呼びかけている。
 詳しくは同研究所(11・3277・8616)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ