ホーム | イベント情報 | 映画『ゼロからの風』=水曜シネマで特別上映=31日

映画『ゼロからの風』=水曜シネマで特別上映=31日

ニッケイ新聞 2007年10月27日付け

 文協の水曜シネマで三十一日、サンパウロ映画祭出品作品である映画『ゼロからの風』を上映する。それに先立ち、午後一時からは特別に、塩屋俊監督と映画のモデルである鈴木共子さんが舞台挨拶する。
 主演は田中好子。最愛の夫に先立たれ、一人息子の零と暮らす主人公。大学に入学したばかりの息子が飲酒運転の車にはねられ死亡。加害者は飲酒、無免許、再犯だったにも関わらず、数年の懲役という判決。同じような悲しみを背負う人を一人でも減らすため、刑法の厳罰化を訴えて母親は立ち上がった。
 鈴木さんが亡き息子の人生を共に生きるために、実際に息子と同じ早稲田大学への入学を果たし、協力者たちと三十七万人集めた署名活動が「危険運転致死傷罪」新設につながったなどの実話を盛り込み、独自のストーリーが展開する。
 日本ブラジル中央協会関西支部の三宅信史支部長が制作に関係した縁で、「サンパウロ映画祭にいくなら、日系コロニアのみなさんにもぜひ見てもらいたい」と考え、サンパウロ新聞の鈴木雅夫編集局長の仲介で、文協が引き受けることになった。
 水曜シネマのコーディネーター、布施直佐さんは「めったにないチャンス。ぜひ見に来てください」と呼びかけた。文協会員は無料、非会員は三レアル。ポ語字幕付き。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も2020年8月7日 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も  救済会(吉岡黎明会長)が運営する日系高齢者福祉団体「憩の園」は、16日にオンラインで「憩の園感謝ライブ」、15日と16日に「憩の園日本食デリバリー」を行う。吉岡会長は「憩の園はこのコロナ禍でも、多くの方に寄付や支援をいただいたおかげで、本当に助かっています。今回のイベ […]