ホーム | 日系社会ニュース | 瞬間ガス給湯器を販売=ブラジル市場で=ノーリツが本格参入

瞬間ガス給湯器を販売=ブラジル市場で=ノーリツが本格参入

ニッケイ新聞 2008年2月20日付け

 【神戸新聞】ガス給湯器大手のノーリツ(神戸市中央区)は十五日、ブラジルとロシア市場に本格参入すると発表した。経済発展が続く両国で事業を強化する狙い。二〇一〇年にはグループの海外事業の売上高を、〇七年の倍の三百億円に高める。
 ブラジルでは今年四月からドイツ企業の現地法人向けに、瞬間式のタンクレス・ガス給湯器を相手先ブランドで供給。初年度は二機種一万台、一〇年には輸出分も含めブラジルで三万台の販売を目指す。
 ロシアには駐在員事務所を設置済み。五月から集合住宅向けにタンクレス給湯器を販売する。モスクワ建築大学に自社製品の研修センターを設置。施工業者などの支援にも乗り出す。
 ノーリツは以前から中国にも進出。「ブリックス」と呼ばれるブラジル、ロシア、インド、中国の新興四カ国のうち三カ国に進出することになる。残るインドは「進出時期や手法を調査中」。

image_print

こちらの記事もどうぞ