ホーム | 文芸 | 刊行 | 『猛女とよばれた淑女』=斎藤由香さんが新刊発売=「父と弓場農場訪れたい」

『猛女とよばれた淑女』=斎藤由香さんが新刊発売=「父と弓場農場訪れたい」

ニッケイ新聞 2008年2月21日付け

 ブラジル日本移民の初期移住の様子を描いた大河小説『輝ける碧き空の下で』(日本文学大賞)で有名な作家・北杜夫さんの娘で、昨年三月に初来伯した斎藤由香さんが、この二十二日に、日本で新作『猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方―』(新潮社、千四百円)を刊行する。昨年、小説新潮に集中連載されたもので、祖父である歌人・齋藤茂吉の妻・輝子の波乱に満ちた誇り高い生涯を、孫娘の独自の視点から描いた評伝だ。
 サントリーの健康食品事業部に勤務する由香さんは昨年来、週刊新潮の人気コラム「窓際OL」でも、何度も百周年に訪れたい旨を書いている。今回の新刊発行に関して連絡を取った際も、次のようなメッセージを寄せた。
 「私は昨年訪伯して以来、すっかりブラジルファンになりました。アタマの中はブラジルのことでいっぱいで、毎日、父には、『今年はサンパウロに行くからね!』と言っております。父は、『輝ける蒼き空の下で』の執筆のために、二回、弓場農場を訪れているので、是非、父と弓場農場を訪れたいのです」。
 今回の新作は、祖父・斎藤茂吉の妻(北杜夫の母)にして明治の気骨を持った猛女、輝子の波乱に満ちた生涯を描いた。八十一歳でエジプト、八十二歳でアラビア半島、八十五歳にしてジンバブエを訪れたのはそのほんの一端。八十九歳で亡くなるまでに海外渡航数はなんと九十七回、距離にして地球を三十六周分も旅行した。
 由香さんは、「茂吉との夫婦仲も最悪の上に二人の娘も逆縁で亡くしましたが、鬱病にもならず、七十九歳で南極、八十歳でエベレスト…と、八十九歳で亡くなるまで、世界百八カ国を旅しました。鬱々として元気のない方、どんより気分の方々に読んでいただき、『明治生まれのお婆ちゃんがこんなに変わっていたんだ。どんなにつらいことがあっても鬱病にならず、人間は元気に生きていくことができるのだ』と思って頂ければ幸いです」とメールで伝えてきた。
 斎藤さんはOLのかたわら、単行本『窓際OL トホホな朝ウフフの夜』『窓際OL 会社はいつもてんやわんや』(共に新潮社)などの〃窓際OL〃シリーズを執筆している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]