ホーム | 日系社会ニュース | 囲碁名人戦始まる=小西初段が二段戦へ

囲碁名人戦始まる=小西初段が二段戦へ

ニッケイ新聞 2008年3月13日付け

 第十九回全伯囲碁名人戦が、九日から日本棋院南米本部会館で始まった。同日は初段戦が行なわれ、小西利治初段(一位)と一級の岡田喬さん(二位)が二段戦への進出を決めた。
 参加は八人。総当り戦で小西さんが七戦全勝した。この名人戦は、各段の上位二人が次の段位戦に駒を進める方式のユニークな棋戦である。
 つぎのスケジュールは、十六日二段戦、二十三日三段戦、三十日四段戦、四月十三日名人戦(五段以上と四段戦の上位二人による互戦)。会場はいずれも本部会館、開始時間は午後一時。誰でも参加できる。四月六日は毎月の月例戦である。

image_print

こちらの記事もどうぞ