ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2008年3月13日付け

 県連会長の松尾治氏に対して、公開討論を申し込んでいた宮城県人会会長の中沢宏一氏。約二週間待って返事がなかったので、要請を打ち切り、自分の意見を述べる記者会見を行った。
 立候補宣言以降何かと話題を振りまいて、一躍時の人にまで上り詰めたが、傍目から見れば、一人で盛り上がって、一人で取り止めてしまった感じが否めない。
 公開討論要請を止めたような内容の文章を松尾氏に対して送っているので、なおさらそのような感じがしてならない。
 記者会見では、過去のいきさつがすべて明らかにされる、と期待を抱いていたが、話した内容は今までとほとんど変わりがなかったし、自身のマニフェストの繰り返しだったのが残念だ。
 今度の会見で一切を話し、気持を一新して会長選に挑んだほうが、再選の可能性もあったのではなかろうか。  (貴)

image_print

こちらの記事もどうぞ