fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 林間学校楽しかった=聖西の5校生徒参加

林間学校楽しかった=聖西の5校生徒参加

ニッケイ新聞 2008年3月29日付け

 聖西日本語教育連合会(佐藤吉洸会長)主催、後援イタペセリカ文協(浜田ウンベルト会長)による第三回聖西地区日本語生徒林間学校(わくわくセミナー)が、去る二月二日から五日まで、イタペセリカ文協会館で開催された。五校、生徒四十二名、教師、役員十五名が参加した。
 初日午後五時、生徒、父兄や地元の人たち約百四十名が出席して開校式。
 同日夜から四グループに分かれ、担当教師の指導により規則正しい共同生活が始まった。
 二日目午前はミニ運動会。運動会は初めて、という生徒たちも夢中になって楽しい一時を過ごした。プログラム最後の綱引きには教師たちも仲間に入って生徒達は大喜び、力強い掛声が緑の森にこだました。
 今回の林間学校開催中の食事準備は、地元文協婦人部が快くボランティアで引き受けてくれた。教師たちは生徒の指導に集中でき、大助かりで深く感謝した。午後はイタペセリカ市在住の著名な陶芸家 生駒憲次郎氏の指導による焼物講座。
 三日目は、朝から弁当持参でエンブー市在住日系人の盆栽園と花栽培園見学と写生会。イタペセリカ文協の尽力で、市役所から無料バスが提供された。見学後は盆栽園内で風景や盆栽の写生に熱中した。
 その夜は、生徒たち楽しみのキャンプファイアとシュラスコ会。赤々と燃えるたき火を囲んで、歌ったり、フォークダンスを踊ったりして、楽しい一時を過ごした。
 最終日午前は、各グループによる林間学校体験感想文の共同作成。午後は各グループの演し物発表があった。
閉講式挨拶で佐藤会長のあいさつのあと、イタペセリカ文協を代表して牧山栄二氏が「文協会館が日本語教育のために役立って嬉しい。生徒さんたちは今回の体験を生かし、立派な社会人になるよう頑張って下さい」と激励の言葉を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • オーリャ!2015年4月29日 オーリャ!  編集部でもツイッター(英語で「さえずり、つぶやき」を意味する)を始めた。140文字以内の短文を、インターネットを通して配信する交流サービスだ。難解な長文でなく、字数なりの〃小さな気付き〃のような内容が多い。 コラム子は日本在住時に、在日ブラジル人のシュラスコ会情報をそれで […]