ホーム | 日系社会ニュース | 子供向けコロナ絵本無料公開=日本語やポルトガル語など11カ国語で

子供向けコロナ絵本無料公開=日本語やポルトガル語など11カ国語で

日本語版の絵本表紙

日本語版の絵本表紙

 「おうちに居て誰かを救おう」―ニュージーランド出身の絵本作家フォビ・モリスさん(28歳)が作成したデジタル絵本「ユウマくんはスーパーヒーロー」(原題SUPER FELIX)は、日本語やポルトガル語を含め11カ国語で翻訳公開され、無料ダウンロードできる。
 物語は5~8歳むけに作られており、コロナウイルスについてイラストを用い視覚的にわかりやすく説明。主人公のユウマくん(ポ語版はフェリックス)の視点から「家に居ることで誰かの命を救うヒーローになれる」とメッセージを子どもたちに向けて投げかけ、子どもが前向きに取り組めるような物語となっている。
 日本語版は「みんながヒーロープロジェクト(慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム)」のサイトで公開。「ユウマくんはスーパーヒーロー」以外にも様々なコンテンツが随時追加され、コロナウイルスに関する情報を発信していく。
 ダウンロードはSUPER FELIX公式サイト又はみんながヒーロープロジェクト(日本語版のみ)からダウンロードできる。▼11ヶ国語(https://phoebemorriscreative.com/superfelix)▼みんながヒーロープロジェクト(https://www.keiosfchic-covid19hero-project.com/)

大耳小耳 関連コラム
     ◎
 「ユウマくんはスーパーヒーロー」(原題SUPER FELIX)は、製作者であるフォビ・モリスさんの3歳になる息子にもウイルスがどういったものか理解してもらい、ポジティブに対策へ向き合えるよう制作されたとか。日本語もポルトガル語もあり、子供向けのやさしい文体となっているので日本語学校の教材にも良いかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ2020年6月30日 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ  「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水 […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]
  • 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!2020年6月27日 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!  福島県白河市役所(鈴木和夫市長)が主催する第2回「芭蕉白河の関俳句賞」には、本年度から海外特別賞部門が設立され、世界最大の日系社会を持つブラジルからの投稿を呼びかけている。海外部門特別賞のテーマは「みちのく」投句料は無料。  ブラジルでの募集に際し、同市役所文化振興 […]
  • ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」2020年6月30日 ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」  「この3カ月の休業期間で売上は全滅、一切ありません。まさかここまでコロナの影響が続くとは予想してなかったですよ」―サンパウロ市リベルダーデ区のラーメン店「あすか」の伊藤武店長(78・秋田県)は落胆しながら語った。  新型コロナウイルスによるクアレンテナ(検疫)が発令 […]