ホーム | 日系社会ニュース | 堀坂教授=外国人記者クラブで講演=日本と南米の将来を語る

堀坂教授=外国人記者クラブで講演=日本と南米の将来を語る

ニッケイ新聞 2008年4月2日付け

 【藤崎康夫=東京支社長】三月二十七日、東京・内幸町の外国人記者クラブ(フォーリン・プレス・センター)で、上智大学の堀坂浩太郎教授が「日本・ラテンアメリカ関係の現状と行方」について講演した。今年がブラジル日本移民百周年をきっかけにした「日本ブラジル交流年」であることの意義を、いろいろな面から説明した。
 まず、日本の海外移住の歴史を概説。第二次大戦の敗戦で、台湾、朝鮮、中国、東南アジアなどから一挙に帰国した現状。そして海外に住む日本移民たちによって、戦後移住者の道が開かれたことなどを紹介した。
 さらに「日系人」についての説明を行い、最大の日系コミュニティーが、ブラジルに出来ていること、そして今や、その中心が二世、三世に移り変わりつつあり、すでに六世も誕生している、などと語った。
 また在日日系人とその家族によって、ブラジルをはじめラテンアメリカ人によるコミュニティーが出来ていることも語られた。
 今回の百周年が、日本の海外移住、その子孫の大きな動きを総括するための重要なイベントであることを指摘し、日系人のデカセギ現象はグローバリゼーションの一つの反映でもある、と位置づけた。
 百周年をキーワードとして、日本とラテンアメリカの関係を、この時点でまとめておく必要があることを強調。さらに日本とラテンアメリカの関係は、すべてが経済的関係により成り立っていること。移住も、イギリスの清教徒のアメリカ移住とは異にしていることを説明。そして現在の日本とラテンアメリカの経済関係について論じられた。
 在日の外国マスコミに対する百周年の説明会に対し、参加した記者からは「有意義な解説だった」との感想も聞かれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]