ホーム | 日系社会ニュース | 援協・定例役員会=サントス厚生ホームが市と提携へ=SUS定礎式に15万レ弱

援協・定例役員会=サントス厚生ホームが市と提携へ=SUS定礎式に15万レ弱

ニッケイ新聞 2011年10月14日付け

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は29日、9月の定例役員会をリベルダーデ区の本部会議室で開いた。
 冒頭、このたび1カ月の予定で来伯しており、サンパウロ自閉症療育学級「青空学級」(PIPA)で過去2年間指導者の養成を行った三枝たか子元JICAシニアボランティアが紹介された。
 薬物に頼らない生活療法を行ない、「子供の可能性を開くことが目的で効果も高い」と話す三枝さんは、来年から再びシニアとしてPIPAで活動できるようJICAに申請中だという。
 自閉症患者が、親が亡き後も楽しく人生を送れるような長期的な指導プログラムを説明、役員らに理解を呼びかけた。
 続いて、SMアルカンジョ市で9月23日に行われたSUS病院定礎式について、毛利連副会長が報告した。
 準備等も含め、定礎式には合計約14万7千レがかかり、市民は1万2千人市民が訪れたことが報告された。加えて、病院完成までの期間、仮事務所を開設することが承認された。
 サントス厚生ホームの前園マルセリーノホーム長は、サントス市との提携事業が具体化していることを報告した。
 市議と懇意な同ホームのボランティアの仲介で交渉が進み、先月12日に議会で提案され「後は市長の承認を待つのみ」だという。
 説明によれば、同ホームが受け入れ可能な50人の入居者のうち10人をサントス市民のために確保することで市から補助金が下り、市にとって重要な施設であることの認定書も発行されるという。
 09年の法令により、免税が許される公益福祉団体登録を維持して同ホームが活動を続けるには、入居者の6割がサントス市民である必要があるが、市との交渉の結果、50人中10人の受け入れで合意している。
 援協傘下の他施設も同様の交渉を行政機関と進める動きがあり、同ホームがさきがけて実現に至った格好だ。
 前園ホーム長は「今後も福祉施設として存続させるために、市との提携は必須。非日系人から要望の強いデイサービスなどの導入も考えたい」と展望を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]