ホーム | 日系社会ニュース | 琉球民謡保存会=6日に民謡コンクール=70人出場して熱唱

琉球民謡保存会=6日に民謡コンクール=70人出場して熱唱

ニッケイ新聞 2008年4月2日付け

 琉球民謡保存会ブラジル支部(仲村善正支部長)主催の「第十四回民謡コンクール」が六日午後二時から沖縄県人会サロン(Rua Tomas de Lima,72)で開かれる。
 今回は約七十人の民謡愛好者が出場して、新人・優秀・最高・グランプリの各部門で日頃の成果を競い合う。プログラムの合間には、琉球舞踊四道場の協賛による舞台も披露される。
 仲村支部長、城間伸明実行委員長、座嘉比昇会計が案内のため来社。移民百周年の節目の開催に城間委員長は「皆さん特にがんばって歌ってくれると思います。たくさんの方に来ていただき、声援を送ってほしい」と来場を呼びかけた。
 午後八時ごろ終了の予定。入場無料。問い合わせは沖縄県人会(11・3106・8823)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ