ホーム | 日系社会ニュース | 研修生OB中心になって=中城村親睦会で敬老会

研修生OB中心になって=中城村親睦会で敬老会

ニッケイ新聞 2008年4月3日付け

 沖縄県中城村(なかぐすくそん)親睦会(比嘉哲夫会長)の敬老会が三月三十日午後四時からサンパウロ市の沖縄県人会館で開かれ、約百三十人が訪れるにぎわいを見せた。
 今回の敬老会は、初めて、ブラジルから中城村を訪れた歴代研修生(仲松弥洲和代表)が中心となって開催。当日は、比嘉会長の祖父母で参加者最高齢の比嘉常春さん(90)、春さん(89)夫妻はじめ、八十歳以上の高齢者三十八人が訪れた。
 同村への研修は九六年から毎年実施。ブラジルからは十二人の子弟が母村を訪れ、舞踊や音楽など様々な部門で三カ月間の研修に参加している。
 会では子供たちから、参加した高齢者、代理の人たちに記念品が贈られた。OBや子供たちが民謡、舞踊や太鼓などを披露。サンパウロ滞在中の具志恵さん(糸満市出身)も飛び入り参加して三世の比嘉リエさんと「てぃんさぐぬ花」を熱唱した。「皆さん喜んで、踊ってくれる人もいました」と具志さん。持ち寄りの食事を囲んで出席者は交流を深めた。
 「厳しい財政の中で(研修制度を)続けてくれているのは、ありがたいこと」と話すのは、同村出身で世話人をつとめた与那覇朝昭県人会事務局長。「和気あいあいとして、とても良い集まりだった」と敬老会を振り返るとともに、「来年からは出席できない方にも記念品が渡せるようにしたい」と語った。
 中城村親睦会は沖縄県人ブラジル移住九十五周年で母村から訪問団が来伯したことを機会に集まりを持ち始めた。現在は聖市、近郊を中心に百五十家族ほどが参加している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]