ホーム | 日系社会ニュース | リオ日系協会「日本の夕べ」=日本食、アトラクション満載=5日

リオ日系協会「日本の夕べ」=日本食、アトラクション満載=5日

ニッケイ新聞 2008年4月4日付け

 リオデジャネイロ日系協会主催の「日本の夕べ(Noite do Japao)」が五日午後七時から午前零時まで、同協会(Rua Cosme Velho,1166,Cosme Velho)で開かれる。
 寿司、刺身や焼き鳥、てんぷらなどの日本食コーナーのほか、太鼓のアトラクション、生け花、盆栽、折り紙のコーナーなどもある。同会では「折角の機会なので、着物や浴衣、法被などを着てお出かけください」と呼びかけている。
 入場無料。四人掛けテーブルは会員十レアル、非会員十五レアル。同協会(21・2558・5991)で予約する(当日午後八時以降、支払いのない予約はキャンセルされる)。

image_print

こちらの記事もどうぞ